TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2018年9月14日(金)更新

中津方面

チヌ・スズキ・アユ・キス

山国川や中津川河口では、ルアーのスズキが順調。特に夜釣りで数釣りを楽しめている。暑さも落ち着いてきたので、日中でも入川して釣り易くなっている。上流のアユは終盤戦に突入。徐々に25㎝以上の良型が交じり始めており、これからは尺狙いも期待できそう。中津港では新波止を中心にフカセのメイタ・チヌが上向き。少しずつ型も上がっており、これから一潮ごとにサイズアップか? 西波止では投げ釣りのキスがぽつぽつ。犬丸川河口などのハゼも交じる頃。様子見釣行はいかがだろう?


豊後高田〜国東方面

キス・スズキ・チヌ

高田港や羽根港など河口近くの港では、ルアーやエサ釣りのスズキが順調。フッコサイズまでが多いが、中にはランカークラスも交じる。国東半島一帯では、フカセのメイタ・チヌが上向き。型より数狙いで楽しめる。オススメは小林港、香々地港、熊毛港、国東港など。他の港も竿を出せばそれなりにアタリが期待できる。投げ釣りのキスが続釣中。全体的にサイズが上がっており、もうしばらく先まで釣れそうな気配。特に遠投の必要はないが、広範囲を探りやすくなるので、ある程度投げ釣りができるタックルが望ましい。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・サヨリ・キス

日出港ではフカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。徐々に状況は良くなる時期ではあるが、まだエサ盗りが多く、アタリも散発的。とは言え、水温が下がりつつあるので、これからは良型に期待できそう。港内ではサビキのゼンゴが順調。サイズにムラがあるので、サビキでまとまった数を釣るのが良い。タナをシビアに調整しよう。少なくとも3 〜 5投に1度はタナを見直すこと。深江港、豊岡港では投げ釣りのキスが続釣中。メゴチやフグなどの外道交じりではあるものの、23㎝を超えるキスも釣れ始めている。これからは落ちギス狙いで大型に期待。亀川漁港では朝・夕まずめにサビキでゼンゴがぽつぽつ。コノシロも交じる。外海に向かっての遠投で、25㎝級のアジがぽつぽつ。アジは国際観光港や新若草港でもぽつぽつ。フカセのメイタ・チヌは徐々にアタリも増えている。30㎝未満のメイタ級が多い。河口でも釣れるので、チニングで狙うのもあり。別府一文字では、台風や高波の影響で竿出しできない週となってしまったが、今週は出船できそう。フカセのチヌやカゴ釣りの中アジに期待。ジギングでヤズやネリゴも釣れる。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・キス・サヨリ・ケンサキイカ・青物

西大分港から5号地のテトラにかけて、サビキのゼンゴがぽつぽつ。時間帯によってムラがあるが、基本的には朝・夕まずめでオーケー。潮の満ち引きも影響するので、潮見表を見てから出掛けよう。基本は満ち狙いで。フカセのメイタ・チヌが続釣中。近場で引きを楽しむのであれば、やはりココがオススメ。河口の方も魚影が濃いので、チニングで狙うのもあり。時期的にはサヨリの回遊もあるので、こちらを狙うのも面白い。サヨリをベイトにしてスズキの活性も高く、60 〜 80㎝級の大型もアタリ始めている。これから11月にかけてはスズキ狙いがよさそう。大野川のアユは、数・型共に安定して釣れる時期。数日による雨の影響で河川は増水中なので、無理な竿出しは避けよう。乙津〜鶴崎泊地にかけて、タチウオの回遊がチラホラ。姿は見えるものの、食いはかなり渋い。色々な釣りを試して食いのスイッチを入れる必要があるが、もう少しすれば数釣りを楽しめると予想。足繁く通って動向を探ろう。大在・日吉原公共ふ頭では、サビキのゼンゴが続釣中。サヨリの回遊もあるので、専門で狙うのもあり。フカセのメイタ・チヌは散発的ながらも40㎝級が交じる。坂ノ市一文字では、夜釣りのアジが順調25㎝級の良型の数釣りが楽しめる。フカセや落とし込みでチヌ、マダイなど。ジギングでサワラやネリゴなど青物の魚影も濃くなりつつある。これからは秋の一文字で色々な釣りが楽しめそう。佐賀関方面は、神崎漁港〜大志生木・小志生木にかけて、投げ釣りのキスが続釣中。サイズにバラつきがあるものの、チョイ投げでも釣れるので家族にオススメ。地磯周りでフカセのメイタ・チヌ。サヨリの回遊もある。小黒港周辺のケンサキイカは数釣りが厳しくなっている。地磯周りではジギングの青物も活性が上がっているが、高波の時など十分に注意して竿出しを。決して無理な釣りはしないようにお願いします。


臼杵〜津久見方面

アジ・マダイ・青物・イサキ

秋らしい気配…、はもう少し先になりそう。臼杵フェリー乗り場では、サビキのアジが5 〜 10匹。日中はコノシロも交じる。フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。小ダイも交じりつつ、のんびりした釣り。例年であればそろそろサヨリの回遊が見られるが、今年はまだのよう。様子見釣行をしつつ、動向を探っておきたい。導流堤では投げ釣りのキスが続釣中。これから落ちギスと呼ばれる良型が上がるだろう。他にもこれからはフカセのチヌなどにも上向くことに期待。津久見港ではフカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。日ムラがあるが、当たればそれなりに数釣りを楽しめる。水温が安定しない時期なので、その日の状況によって変化が激しい。秋の釣り物の気配(カマスやサヨリなど)もチラホラ見られるようになっているので、これから一潮毎に期待が持てそう。陸っぱりのケンサキイカは徐々に数が減って散発的なアタリ。これからはマツイカが交じるだろう。船釣りは順調のようで、パラソル級を含めて良い人で30 〜 50 パイ。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・キス・ハタ・青物

佐伯港ではフカセのメイタ・チヌが順調。これから水温が安定すれば、もっと釣果が望めそう。夕まずめ以降はサビキのゼンゴ・アジに良型も交じる。鶴見〜蒲江にかけて、地磯周りでロックフィッシュ(アカハタやオオモンハタなど)が順調。ロックフィッシュは最近ルアーマンの間で流行りつつあるので、ぜひ先駆けて狙ってみてほしい。根に突っ込む引きは、一度経験すると病みつきになる。磯ではそろそろ秋グロの気配。毎週の台風の影響で特に米水津では上礁不能な日々が続いているが、渡れば一気に釣れそうな気配もある。渡船の状況は各船長に連絡して、早めのご予約を。


つり太郎WEB内を検索

バーコード