TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵の坪江港でメイタの数釣り!

2009年 10月 5日 0時頃

朝晩は随分と肌寒くなり、また一段と冬に近づきつつある今日この頃です。しかし、海の方ではまだまだ水温が高いようで、エサ盗りが活発に動き回っています。先日、某釣り大会で米水津へ釣行しましたが、やはりエサ盗りの活性が高く、クロの食いもイマイチでした…。そこで今回は波止のチヌ釣りをご紹介したいと思います。私自身、夏は専らアユオンリーですので、チヌ釣りは今回が久しぶり。友人の話によるとメイタ主体ではあるが、数はかなり釣れているとの情報だ。

今回訪れた場所は臼杵の坪江。ここ最近は30cmクラスのアジも回遊しているみたいなので、チヌを狙いつつ、そちらも期待したいと思う。この日の仕掛けは釣研「エイジアLC」を使用した全遊動沈め。マキエの配合は沖アミ生1角、マルキュー「チヌパワーV10」「白チヌ」と、「チヌ戦」を配合した。ツケエには「くわせオキアミスーパーハード/M」と「シャキ生」をメインに、エサ盗り対策として「くわせ練りエサチヌ」も準備した。仕掛けの準備ができたところで早速釣り開始。

足元に撒いたマキエにはエサ盗りの姿は見られない。潮は若干上滑りしているようだが、そんなに気にはならない。先打ちのマキエをしっかり撒いて仕掛けを投入。まずは20m沖から攻めてみる。ゆっくりと仕掛けを落とし込んでいると、一投目からアタリを捉えました。期待の朝まずめにヒットしたのは、30cm級のメイタでした。アタリがあったタナは3ピロといったところ。次は30m沖を攻めてみます。続く二投目も完璧な糸ピンバチバチで、同サイズのメイタをゲット。

この調子でイレパク? とはいかず、早くも三投目からはエサを盗られ始めました。どうやらフグの仕業のようです。フグがいる時は目立つエサは使えません。当然の事ながらダンゴエサはフグの格好の餌食となるのでNGです。そこで先打ちマキエを多めに打ち込み、しっかりマキエとツケエを同調させてあげます。いわゆるカモフラージュ作戦です。更に20m沖と30m沖を交互に釣ります。

この作戦で再びメイタの食いが復活し、小さいながらもポツポツと釣れて来ます。しかし釣りはエサ盗りだけではないんです…。今度は上潮が激流となってしまい、こうなれば手も足も出ません。まぁ自然相手なので仕方ない事でしょう。これが釣りの楽しさの一つでもあるのでしょうね。結局、半日の釣りで2桁安打でき、納得の釣果で納竿とした。

T-CLUB/MFG九州/木村真也・記


筆者のタックル

磯竿:0号-53

道糸:1.25号

円錐ウキ:釣研エイジアLC00号

ハリス:1.2号

ガン玉:G8

ハリ:1〜2号

ツケエ:くわせオキアミスーパーハードM・シャキ生

マキエ:オキアミ生1角+チヌパワーV10+白チヌ+チヌ戦

つり太郎WEB内を検索

バーコード