TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2馬力ボートで鶴見

2009年 9月 23日 0時頃

久しぶりの磯釣行♪ 今回はマイボート「あん丸」にて、保月さんと息子の泰河君、そして西村さんの4名にて出動。HONDAの2馬力エンジン搭載、瀬付けもできるよう船首にはタイヤショックを装備。本体は気室が3つに分かれており、万が一破れても沈まない構造の「ゼファーボート社」のボートで、めちゃくちゃ重宝してます(片付けは大変だけど)。

最初に目指したのは、「マリンパーク有明」の防波堤。ここは数年前に、台風の高波で破壊されてしまい、その破壊されたコンクリートがいい感じの漁礁になっています。さっそく水中を覗くと、40〜50cmクラスのチヌが泳いでいるのを確認。これは期待できそう…、しかしマキエに反応したのは、大量のエサ盗り軍団…。仕掛け、投入点、マキエワークなどなど、あれこれと試行錯誤するが、手の施し様がありません…。あまりにもどうしようもないので、我々3名は瀬替わり決行(西村さんは居残りです)。

瀬替わりしたのは、「野崎の地磯」。ここの場所はクロの型は小さいものの、数釣りを期待できます。早速、仕掛けを組み直し釣り再開。最初に来たのはベラ、その後もベラ…。そんな状況の中潮が動き出すと、保月さんに小さいながらもクロが! すかさず私も狙い撃ちで、何とか30cm弱の待望のクロがヒット。

そんな小グロが釣れ出す中、泰河くんの竿がいい感じに曲がっています! 上がって来たのは、30cmを余裕で超えてる良型アジ。保月さんも親子そろって、続け様に良型のアジをゲット。その後、少しエサ盗りやらのアタリが引き静かになったと思ったら、泰河くんの竿が大きく弧を描く! 「慎重に頑張れー!」と声を掛け見事仕留めたのは、この日最大となる44cm程のチヌ! あちゃー、やられたー。さすがは未来のテスターです! 

その後、保月さんにも30〜40cm位のチヌが釣れ、今回は保月親子にやられっぱなしの釣行でした、トホホ…。それでも久しぶりの磯釣りで、楽しかったどぉ?! ヤル気はないがチラホラ40cmオーバーグロの姿も見え出したので、これから大型の活性が上がってくると思います。爆釣シーズン到来を待ち望もう!

注:くれぐれもボートで海に出る時は、天候と安全を考慮して出かけましょう。

DUELフィールドスタッフ/安東 弘敏・記

筆者のタックル

磯竿:ダイワ トーナメント競剣1.0号-5.3m

スピニングリールLB:ダイワ トーナメントisoZ2500LBD

道糸:1.7号

円錐ウキ:0号

ハリス:1.5〜1.7号 1.5ヒロ

ハリ:4〜6号

つり太郎WEB内を検索

バーコード