TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見島沖、どっちを狙う?

2011年 2月 25日 13時頃

2月25日、小潮。午前6時過ぎ、東の空の雲の切れ間からからオレンジ色の陽光が薄らと差し込む。ずいぶんと夜明けが早くなったものだ。それに呼応して1月前までの早朝の冷え込みがなくなり、春の訪れを予感させた。午前7時、津久見島沖でアンカー打ちしてカワハギ釣りを開始する。ここのカワハギ釣りは、マキエを使用するのが効果的なので、仕掛けにはプラカゴを使用する。マキエは「ハイパワーアミエビ」&「アジパワー」(マルキュー)を混ぜ合わせる。「ハイパワーアミエビ」は常温保存が可能なサビキ釣り用配合エサなので、車に積みっ放しにでき、最近は非常に重宝している。臭いが「冷凍アミエビ」のようにきつくないので、車に臭いが付かないのもうれしい。

さて、下カゴにマキエを詰めて、まずはツケエにゴカイを使用する。しばらく底で揺らしてから仕掛けを回収すると、下から2つ、素バリで上がって来た。うーん、アタリを感知できなかった…。そこで「くわせ生アサリ」に替えてみると、着底と同時に穂先を揺さぶる激しいアタリ! 即座にアワセを入れると、20㎝級カワハギが上がって来た! 試しにツケエを投入毎に「くわせ生アサリ」→ゴカイにしてみると、やはり「くわせ生アサリ」でないとアタリが出難い状況が続いた。20〜25㎝級カワハギをポツポツと釣っていると、「キュキュキュキュキューン」と、隣りの船からドラグ音が響き渡った。そちらを見やるとダゴチン竿を左右に振りながら応戦していた! 魚が泳ぎを止めた瞬間、釣り人がこちらに目配せ、「これで穫れるはず」とお互いが確信した瞬間に再び魚が大暴走、ハリスがチモトからプッツーン…。「80㎝を越えるマダイを穫ったことがあるが、それ以上のとてつもない重量感とスピードがありました」(惜しくもバラした釣り人)。

午前10時を過ぎるとカワハギの食いが活発になり、ゴカイでもアタリが明確になって次々とカワハギの数を重ねた。夕方までに27㎝を頭に20〜25㎝級を26枚釣り上げて納竿した。ここでのカワハギ釣りは、マキエが必ず必要。下カゴにマキエを入れた場合、時合いには着底と同時にカワハギがアタックして来るが、マキエがない時はしばらく誘ってからで無いとアタリがないケースが多い。なお、ツケエは虫エサが基本だが、「アサリ」と「沖アミの生」を準備することをオススメする。食い渋った時に、この2つが非常に有効だからだ。津久見島沖では2月中旬から、マダイのアタリが活発化しており、前日の24日には76㎝マダイの釣果があった。春に向けて、大マダイを狙うか、それともカワハギの数釣りを狙うか、非常に悩ましい津久見島沖からのレポートでした。

取材協力/月見島観光開発TEL0972・66・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード