TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

克ちゃんのフィッシングダイアリー

2009年 9月 19日 0時頃

9月19日、晴れ。

アユ釣りは終盤を迎え、シルバーウィークの大野川は今期最後であろうにぎわいとなっていた。9月に入ってからは大野川でなるべく良型のアユを釣りたいため、実績の高い場所を求めて釣行しているが25cm止まり。今回こそはと思い、この日も朝早くから良い場所を押えようと、張り切って川へ向かいます。この日選んだ場所は、犬飼大橋下流。この場所は大野川のなかでも良型の実績が高く、人気のある場所です。この日も多くの人が竿出ししそうだったのでとりあえず、下流のトロ場で天然囮を確保し、それから流れの急な上流へ入ることにする。早々に仕掛けを準備し、囮アユをセット。泳がせポイントに入れるとすぐに、追い気抜群の野アユがアタック! 20cmぐらいがいきなり5尾入れ掛りしたところで、他の釣り人達が次々と入ってきたため直ぐに本命の場所へ移動。ここの場所は急な流れの中に岩盤が入っており、いかにも良型がいそうな瀬となっている。まだ午前7時ぐらいだから、瀬の流芯にアユが付いてないと思いながらも、下流で確保した天然囮を付け流芯へ送り込む。しかし…、反応は早かった! 竿を立て一気に抜こうとしたが、痛恨の身切れ。追いが悪く、掛り方が悪いみたいだ。再度同じポイントに入れるが、またも身切れ…。もう一度同じことをしたが囮が循環しないことからか、アタリが遠退く。陽が十分昇り、周辺に居る釣り人達は順調に掛けている様子が伺えた。少し気分を変え、もっと上流部の大橋と犬飼橋の間で狙うが、思うように掛らず。1尾追加し、下流の岩盤のポイントに戻り再度狙う。陽が昇りきるとアユの動きが良くなり、ポツポツと掛かるようになった。ある程度流芯を攻め良型を狙うが、掛かってくるサイズは20cm前後ばかり。

本来であれば終盤を迎える9月中旬にもなれば25cmほどのサイズがポツポツ出ても良いのだが、今年はアユの数が多すぎるせいか型がいまいち…。流芯は普段から竿が入るせいと思い、今度は急な流れの中に立ち込み、対岸側に囮を入れる。すると、コンッというアタリのあとに、グイ〜ンというアタリ! これは良型と思い、アユが下流へと下ろうとする引きを耐え、自分も下りながら抜き上げるタイミングを見て、一気に振り子抜き。見事に決ままり仕留めたのは、23cmとまずまず。このあとは一向にサイズが上らず、この日23cm止まりとなった。

アユ釣りは終盤を迎え、既に竿納めした人もいるでしょう。なんと言っても今年は私がアユ釣りを始めて10年が経ちましたが、その中でもズバ抜けた魚影の濃さ! 豊かな自然が戻って来たということでしょうか? これからもこんなすばらしい釣果が、毎年のように続いてくれればいいと思います。アユシーズンは残りあと僅か、とりあえずもう少し川に入りたいと思います。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード