TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

日吉原でタチウオ釣り本格化!

2009年 9月 25日 0時頃

9月25日、中潮。

毎週のようにタチウオの状況を確かめに7号地日吉原に行く。「今週こそ」と願いを込めて現地に着くと、たくさんの釣り人が集魚灯を焚いて、タチウオ釣りをしている。問題は釣果。一通り端から端まで見た後、真ん中辺りで竿出ししていた釣り人に声を掛けてみる。この時声を掛けたのは、「楽釣会」の岩村さん。ちょうど時合いが来た時で、タチウオを釣り上げた瞬間だった。既に5本釣っており、午後8時頃から釣れ出したとのこと。「シルバーウィーク頃から群れが入り出したね。型は平均で指3本を切るくらいで、たまに指4本。午後8時から3時間位が時合いかな」と岩村さん。しかし周りを見回しても、釣り上げている人は少ない。海面を見ると、表層を浮いている程タチウオが群れているのが分かるのだが…。どうやらアタリはあるが、アワセに皆さん苦戦している様子。タチウオはアワセが非常に難しいので、コツを岩村さんに聞いてみる。「即アワセは厳禁ですね。ウキが沈んでも、タチウオはエサのキビナゴを食わえているだけ。完全にハリを食わえた時にアワセを入れないと、ハリ掛かりしません。ハリを食わえた瞬間は、穂先にゴツンとアタリがあるんですが、実際に経験していかないと、ハリを食わえたかの判断が難しいんですよ」とのこと。

実際にしばらく岩村さんのアワセ方を見てみることにした。しばらくして、ウキがスーと沈んで行く。しかし、アワセを入れない岩村さん。この時道糸を少し弛ませておく。しばらくするとタチウオが諦めたのか、ウキが再び浮かんだ。それでも回収せずにじっと様子を伺うように待つ。すると追い食いしたのか、またウキが沈んで行く。ラインが少しずつ張って行き、ウキが潮と逆の方向に流れたり、下に潜ったりしているが、まだアワセを入れない(この時にアワセを入れる人が多い)。糸にテンションが掛かった後はベールを倒して、それ以上は糸が出ないようにする。そして穂先にゴツン、ゴツンと来た瞬間(タチウオが完全にハリを食わえて底に逃げようとする瞬間)、すかさずアワセを入れてリールを巻く。海面に浮かばせると、見事にハリにタチウオが掛かっている! エサだけ食わえた時と、ハリまで食わえた時の違いがはっきり分かっているかのように、抜群のタイミング。もちろん今の過程で、いきなりハリを食わえる時もあるので、その時はアワセを入れるのは言うまでもない事だが、エサだけ食わえている時と、ハリまで食い付いた時の違いを見極めるようにするのが、釣果に差を生むようだ。

この日は1本バリのままで釣り続けた岩村さん(仕事帰りで準備も完全ではなかったようです)。釣果を延ばしたい時は、群れが入ったと判断した時に、2本バリにしても良いとのこと。この時、2本バリの時は号数を落とすのがポイント。1本バリで5割、2本バリなら8割まで掛かる確率を上げる事ができると言う。また、エサのキビナゴが残った時は、冷凍保存する前に、塩を振りかけてまぶしておくと、解凍した時にべちゃべちゃにならなくていいなど、タチウオ釣りについて色々と教えてくれました。

ようやく姿を見せ始めたタチウオ。基本的に夜釣りとなるので、休みの前の日にのんびりと楽しんでみませんか? アワセを成功させた時の喜びは格別ですよ!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード