TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

初秋の磯釣りin 米水津

2020年 9月 19日 17時頃

9月19日、中潮。朝晩肌寒くなり、秋の匂いがしてきた先日、佐伯市米水津へ秋磯の下見に行ってきました。今回一緒に同行してくれたのは、会社の先輩である清時さんです。「政進丸」に乗り、朝7時に出港。波もなく穏やかな海上を進むこと10分。今回上磯した場所は、白子島の南です。地寄りのポイントですが魚影が濃く、数釣りのみならず型も狙える場所です。高ぶる気持ちを抑え、準備に取りかかります。

今回のマキエは沖アミ生3角に、マルキユーの「グレパワーV9徳用」、「グレパワーV9スペシャル」、「グレパワーV11」です。ハリス、道糸共に1・5号をセットし、ウキは釣研「エイジア/0α」をチョイスしました。足元にマキエを打つと、ハコフグがチラホラと見えます。クロの姿が見えないため、多めのマキエを打ち続け、魚を寄せます。しかし、大型のカンダイが瀬際を悠々と泳いでいるだけで、クロの姿は一向に見えません。

2時間ほど経過した頃、沖から潮目が近づいてきました。これはチャンスと思い、仕掛けを投入。潮は想像以上に速く、風も同じ向きで吹いているため、なかなか仕掛けが馴染みません。ガン玉を打とうか悩みましたが、沖はエサを盗られない状況だったため、潮が動き出したことにより活性の上がる、瀬際のクロを狙うことにしました。

沖に払い出されないよう丁寧に仕掛けを操作していると、竿を押さえ込むアタリ。上がって来たのは、25cm程のクロでした。型はともかく、本日初のクロに笑みがこぼれます。その後は潮も緩くなり、再びツケエが残る状況となったため、見廻りに来てくれた「政進丸」に乗り、瀬替わりです。

次のステージは「ネコバエ」。目の前には大きな沈み瀬があり、魚の住みかになっていそうな雰囲気満点。私はサザエバエ側で竿を出すことにしました。マキエを打つと、キタマクラなどのフグ系のエサ盗り。案の定、1投目からハリが盗られていました。マキエとカモフラージュしながら沈めていくと、潮受ゴムがスッと沈んでいきます。アワセを入れ上がって来たのは、ブダイ。サザエバエ〜ネコバエ周辺はブダイが多く、清時さんも連チャンで掛かり、苦戦している模様。

ここで少し投入ポイントを変えて狙ってみると、すぐにアタリ。重量感のある引きの正体は40cmオーバーのチヌでした。中々クロに辿り着けません…。そんな時、25m程沖に潮目が来ました。このチャンスに、マキエの帯の中へ仕掛けを投入します。手前のサラシに道糸が取られないよう注意していると、道糸が弾け飛ぶアタリが出ます! 元気いっぱいに走り回る魚を落ち着かせながら上がって来たのは、40cm級のマダイでした。お土産に最高ですが、またまたクロではありません…。

これまで中間距離から沖を狙っていたため、手前にいたエサ盗りが少なくなっています。今度は沖に数ハイエサ盗り用のマキエを打ち、瀬際と沈み瀬の間を狙うことにしました。仕掛け投入後もエサ盗りの姿は見えず、これはチャンスと思っていると、ウキを押さえ込むアタリ! すかさずアワセを入れると、ドシッとした重量感のあとに、強烈な引きが来ます!足元の瀬に突っ込んでくる魚、竿の角度に注意しながら徐々に瀬際から離していきます。何度もの突っ込みに耐え、上がって来たのは、パッと見で45cmの口太でした。

やっと良型のクロに出会え、ホッと一息。少し遅めの昼休憩をとり、海の状況を見てみると、さっきまで見えなかったコッパグロが出てきました。清時さんとすかさず狙います。時折見える30cm級のクロを狙いますが、コッパグロの活性が高く、これを避わすのに一苦労。清時さんと試行錯誤しながら25〜33cmまでをポツポツと釣ります。

それに加え、25cm程のシマアジが交じり、嬉しいお土産を確保します。そして16時、まだまだクロの乱舞は続いていましたが、後ろ髪を引かれる思いで納竿となりました。港に帰り、船長が釣ったクロの長さを測ってくれました。なんとビックリ!50・2cm! 私の目測は当てにならないようです…。シマアジは小さいながらも、持ち帰って刺身で食べたら絶品でした。お土産に最高の魚ですね。

今回の釣行は気候もよく、沢山の魚と出会うことができ、すでに秋磯のシーズンが始まっている?と思わせてくれるような釣行となりました。まだまだ場所ムラはあるようですが、これから活性がどんどんよくなる秋磯へ、皆さんも足を運んでみてはいかがですか?

GFG大分/釣研FG大分県支部/MFG九州/日野志洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード