TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

タチウオ開幕 早くもドラゴンHIT

2020年 9月 15日 15時頃

9月15日、中潮。この日は、上り中潮最終日とあり、潮の流れが速いことが予測された日。それでも、シーズン初期のタチウオを狙いに出港したのは、タチウオテンヤの老舗とも言える「照陽」。シーズン以外でもマニア向けのタチウオ釣りに出港するだけに、時期に合わせてポイントを知り尽くしている船長だ。

この日は、案の定潮が流れる日であったが、その分朝まずめにコンスタントに釣果を上げることができた。潮が速くなると、アタリが減少したが、それでも、シャクリやリーリングで工夫することで、ぼつぼつとアタリを捉え、納竿時には、まずまずの釣果を上げて帰港となった。

「まだまだシーズン初期なので、深場狙いとなりますが、それでもこれだけ釣果があると、流石に期待してしまいます。これから徐々に秋の海になれば、数釣りが楽しめると思います」と船長。夏の夜を彩る夜焚きもほぼ終了となり、いよいよ本格化するタチウオ釣り。おさらいも含めて、もう一度タチウオ釣りを振り返ってみたい。

タチウオ釣りのタックル・・・タックルだが、タチウオテンヤと呼ばれるオモリと掛けバリが一体化した仕掛けに、針金でエサの冷凍イワシやサバなどを巻き付けて海へ投入する。仕掛けはシンプルそのものなのだが、ご存知のようにタチウオの歯は鋭い。そのため、仕掛けを切られないように、リーダーを取り付ける。ところがあまりリーダーが太いとテンヤの動きを阻害したり、タチウオに見切られたりと良いことがない。そのため、豊後水道では6〜8号クラスが標準となる。

使用するロッドは、できるだけ先調子のロッドがオススメ。仕掛けを投入したら、全ては穂先とラインの動きから変化を察知しなければいけない。できるだけ感度の良い、タチウオテンヤ専用ロッドがオススメだ。

タチウオの釣り方・・・エサをテンヤにしっかりと巻きつけるのだが、この時、頭までしっかり針金で巻きつけること。また、テンヤのハリに沿ってまっすぐに取り付けるように心がけたい。ポイントに到着したら、船長から合図がある。それとともに仕掛けを投入。タナの指示があればその指示に従い、指示がなければ一旦底まで沈めて、それからシャクリを開始する。

タチウオはその名の通り、下から上に向けて体を立てて泳いでいる。当然上にあるエサに、下から食いついてくるので、テンヤを上下に動かしながらタチウオにアピールする。活性が高いときは速めの巻き、逆に活性が低いときはゆっくりめにリールのハンドルを巻く。刻々と状況が変わるので、潮の速さと、タチウオの状態を想像しながら、巻く速度を調節したい。また、前述したように、タチウオは下から上にあるエサに食いつくので、「巻く」→「止める」→「巻く」→「止める」の動作(ストップ&ゴー)の繰り返しによってタチウオが食いつく暇を与えてあげることも重要。メリハリのある動きが、タチウオにスイッチを入れることも多々ある。

タチウオのアタリ・・・その姿からは想像できないが、タチウオは警戒心が強いのか、いきなり「ドーン」と大きなアタリがあることは少ない。最初はコツ、と突いているようなアタリがあり、徐々に竿に乗ってくるようなイメージ。よって、「コツコツ」と前アタリが来たら、ゆっくりと巻いて本食いを誘う。逃げ惑うエサを演出するわけだ。これで一気にスイッチが入ったタチウオは、ガブリとテンヤに噛みつき、本アタリへとなる。この場合、穂先がゆっくり曲がって海面に突き刺さるアタリとなるが、逆に食い上げて穂先がまっすぐ伸び切ってしまう場合もある。

どちらもアタリなので、見逃さないように集中してアタリを待ちたい。アタリがあってアワセたけど掛からなかった場合には、まだ誘いをしばらく続けること。何度か失敗しても、その後もタチウオが追ってきていることは多いからだ。

写真提供=照陽 TEL 080・2792・6134

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード