TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

出た!ハチマル夏のタイラバで大型マダイを…

2020年 8月 7日 11時頃

8月7日、中潮。梅雨明けとともに連日蒸し暑い日々となっているが、海上は風通しもよく、思ったよりも涼しい。そんな船のタイラバに出港した臼杵市の遊漁船「海斗」から、「とうとうハチマルが出ました!」と熱いメールが届いた。
「最近釣れるマダイの型が良かったので、いつか出ると待っていたら本日上がりましたよ。ハチマル!珍しいキジハタや85㎝のブリにヒラメ、今日の獲物は多彩でした」とは、「海斗」の船長のコメント。そう!真夏のタイラバはそれこそ多彩な魚種が釣れることも魅力の一つなのだ。

ただし、今年のマダイは例年とは異なる動きも見られる。例年ならこの時期はここといったポイントが定めやすいのだが、今年はそれが大幅に異なっている。これも底潮の水温が低いことが要因のひとつと考えられ、状況に合わせて狙うポイントを変えているようだ。

また、「海斗」では、夕方からのタイラバ→イカメタルといったリレー船での予約も受け付けている。こちらは一潮毎にイカのサイズもアップするので、今後はパラソル級にも期待が持てそう。熱中症対策を万全に真夏のタイラバで自己記録更新を狙ってみては?

写真提供=海斗 TEL 090・8712・25444

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード