TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

夜焚きのイカ釣り胴長20cm超がヒット!

2020年 7月 25日 22時頃

7月25日、中潮。梅雨明け間近となり、いよいよ夜焚きのケンサキイカ釣りがスタート。この日は、梅雨の合間に出港した佐賀関一尺屋「神幸丸」は、一路豊後水道のど真ん中へ…。シーズンインの情報を頼りに、試釣の意味合いが強い出港となった。いざ、ポイントに到着して灯りを灯すと、イワシ類と思われるベイトの群れが集まり始める。ボトム周辺から釣り始め、アタリの有無によって徐々にタナを浅くする。辺りが真っ暗になった頃、水深25〜30m前後でファーストヒット!同長20cmオーバーのケンサキイカがヒットする。

時間が経つ頃に、少しずつタナが浅くなってくる。その状況を見極めながらら、イカメタルで探るタナも浅くしていく。通常の手釣りであれば、スッテを6〜10本と付け、その全長は3〜5mほどになるため、どのタナでアタるかを察知しやすいのだが、イカメタルの場合、1度に探れるタナが限られているため、その都度状況を把握し、アタリの有無によってタナを変える必要がある。

真っ暗の闇の中、船の周りだけ灯りが灯り、周囲にはベイトとそれを追いかけるフィッシュイーターの影も見え始めた頃、一気にイカの活性がアップ。次々とアタリがあり、中にはダブルヒットの方も…。胴長20〜23cmクラスのケンサキイカがぶら下がり、一気にテンションマックス!アタリが多かったスッテは、やはり定番の赤/白と、赤/緑であるが、だからといってコレばかり使っても、アタリが単発で終わってしまうケースもある。アタリが遠のいた時にはスッテのカラーチェンジで、イカの追い乗りを誘うことも忘れずに…。この日は、今年初の夜焚き釣行であったが、中型ケンサキイカを含め、まずまずの釣果が上がり、午後0時には納竿となった。

「大雨のゴミも気にならなくなり、徐々に塩分濃度も上がってきています。まだ2ヒロなどの超浅ダナではアタリが有りませんが、シーズン初期にしてはまずまずの釣果。昨年苦しめられたフグ類も、今のところはあまり見かけないので、今後に大期待です」とは、船長のコメント。例年であれば、9月上旬まで楽しめるイカ釣り。特に数釣りを楽しむのであれば、お盆前後までがオススメとなるので、お早めの釣行を…。

一方、五目釣りでは、連日良型イサキの数釣りが楽しめる状況が続いている。上記の写真は、7月19日に「第八神幸丸」が釣行した際の釣果画像。本誌でもお馴染みの高橋さん一行が乗り込み、脂ノリノリの良型イサキ釣りを堪能したようだ。今年は瀬戸内海からの引き潮の影響が強く、引き潮になるとガクリと水温が下がってしまう傾向があるが、潮によってポイントをズラすことで、引き潮で活性の鈍くなるイサキもゲット!また、ベテランになると、ターゲットをイサキだけに絞り、わざとハリスを細めにすることで、イサキの数釣りを楽しむ方もいるようだ。

「高橋さん一行は、皆さん気心の知れた方々ばかりだったので、皆さんでタナを合わせてくれたのが数釣りに繋がりました。あたりがあるタナが狭いので、できるだけタナを合わせていただけるとこのような数釣りが楽しめます」とは、第八神幸丸・船長のコメント。神幸丸、第八神幸丸ともに五目のイサキ釣り、夜焚きのイカ釣りを楽しませてくれるので、まずは連絡して、スケジュールを確認して頂きたい。

写真提供=神幸丸 TEL 090・7445・8787
写真提供=第八神幸丸 TEL 090・1926・6663

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード