TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

佐伯市大入島でチヌ釣りを堪能!

2020年 6月 21日 15時頃

6月21日、大潮。この日は、以前から「チヌ釣りに一緒に行きましょう!」と誘われていた池田くんと一緒に、大入島へチヌ釣り釣行しました! まだ、フカセ釣りを本格的に始めて1〜2年の池田くん。もっとチヌ釣りのレベルをアップしたいとのことで、私をお誘い頂きました。有り難いお誘いです。とはいえ、私が釣れないとやはり顔も立たないわけで、少々プレッシャーを感じながらも、午前6時に「仁盛丸」に乗り込み、「村バエ」に上礁します。

荷物をまとめながら、周辺の潮の様子を伺うと、本命ポイントの潮よりは裏側の潮の方が狙いやすいと判断し、裏側に釣り座を構えます。まずは、チヌ釣りの基本的なことをレクチャー。釣り始めは、5〜10パイほどマキエを打ってチヌを寄せます。それからぼつぼつと仕掛けを作り、その間もマキエを入れてせっせとポイント作り。ゆっくりと時間をかけてポイントを作った後に、ようやく仕掛けを投入。ここまでにエサ盗りや魚の様子、潮の流れなどを把握しておくようにアドバイスします。

投入から4投目。早速チヌのアタリ!37〜38cmほどのチヌがヒットします! 密かに、面目が保ててホッと安心。「こんな感じで釣るといいよ!」と池田くんに伝えると、本当にいい顔で頷いてくれました。「池田くん、チヌを狙う時は後打ちマキエで。逆にクロを狙う時は先打ちで…。状況が把握できるようになってきたら、マキエの打ち方を変えるといいと思うよ」と伝えると、池田くんもその指示通り、後打ちでマキエを入れ始めます。

しかし、その後はベラやエサ盗りだらけになってしまいました。私はマキエの投入点をズラしながら狙います。一方の池田くんは、一点集中で狙っています。そのうち、キュウセンベラらしき魚影が表層近くまで浮き上がってきました。明らかに海の中の様子に変化が現れました。

それを見逃さず、今度は30m沖にできた潮のヨレをダイレクトで攻めてみます! すると、おそらくそこにマキエが溜まっていたのでしょう、40cmクラスのチヌがヒット! これは連チャンで釣れると思ったので、ポイントを池田くんにゆずり、「潮のヨレを狙ってみて!」とアドバイス。その通りに仕掛けを投入する池田くん。馴染んだ仕掛けがウキを引っ張り、徐々に沈下…。そのうち徐々に加速しながら海中へ入りはじめました!「来た!」とアワセる池田くん。慎重にヤリトリして、待望の36cmのチヌをゲット! おめでとうございます!

その後は、同じ30m沖で中型クロが乱舞し始め、仕掛けを投入する毎にクロがアタってくるようになりました! チヌの引き、クロの引きを堪能する池田くん!「いや〜、釣りって面白いっすね!」と上機嫌! こちらまで嬉しくなります。

そんなクロ祭りがしばらく続いたあと、足元のベラも消え、また潮が変わってしまったようです。そこで、ウキをキザクラ社の「大知遠投60/00」から「0」へ変更。わざと浮力を残した状態で、全層釣法へと切り替えた私。10mほど沖に仕掛けを投入し、しばらく待つと…、「はい! ヒット!」。この日は、珍しく思った通りの釣りが堪能でき、本当に楽しい1日となりました。池田くんも満足したようで、「また連れて行ってください」とお誘い頂きました! もちろんオッケーです!

釣れたチヌは、どれも痩せており、明らかに乗っ込み後の荒食いに入っていると思われました。ただし、数はそんなに居ないようです。なので、同じポイントで粘って狙うよりは、点々とポイントを替えながら拾い釣りする方が、結果として数釣りが楽しめるような感じがします。ぜひ大入島へ足を運んでチヌ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

キザクラフィールドモニター/吉田敏光・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード