TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

豊後水道の夜焚き本番

2019年 8月 12日 22時頃

8月12日、中潮。8月に入って本格化した夜焚きのケンサキイカ釣り。この日は、台風10号の影響でウネリが入る前に狙おうと出港した船が、豊後水道に集まった。釣れれば胴長20cmオーバーが望めるとあり、ワクワクしながらスッテを流し始めたが、ケンサキの雰囲気が感じられないスタートとなった。また、自転車並の速度の台風10号の影響で、気圧も下がりそのためベイトの動きも鈍い。それでも漆黒の闇が訪れるとともに、ぼつぼつアタリが現れ始めた。

「遅めのスタートとなりました。おまけに連続台風で海の状況が安定しませんが、それでも良い日には数釣りが楽しめます!」と夜焚き出港する船長からの情報もあったが、その通り時間が深夜に近づくほどアタリが出始め、気づいてみればまずまずの釣果で帰港することになった。

これから9月上旬まで狙えるのが通年のパターンだが、今年は全てが遅れていることを考えると、9月中旬から下旬まで引っ張る可能性もある。夜焚きのケンサキイカを楽しんでいない方には、お早めのご予約をオススメするが、まずは船長に相談しながら、釣行日を決定してほしい。

また、近年多用されてるイカメタルだが、できるだけ1〜2個はスッテの中に混ぜておき、どちらの方がアタリが多いか見極めてほしい。定番の赤白カラーはもちろん、赤緑なども混ぜながら、その日のアタリカラーを探るもの、ケンサキイカ釣りの楽しみの一つだ!

写真提供=星隆丸 TEL 090・8766・0349
写真提供=照陽 TEL 080・2792・6134

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード