TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

磯釣りはオナガ狙いへ

2019年 7月 6日 13時頃

7月6〜7日、中潮。この日は、毎年楽しみにしている福岡グレ競友会さん主催の「国際スポーツフィッシンググレカップ」に参加してきました。この大会は、1日目は宮之浦にてリーグ戦〜準決勝まで行い、2日目は五島列島にて午前中が大物釣り大会、最後に決勝戦というスケジュールです。

1日目のリーグ戦では、福岡グレ競友会の江藤義紀さんに負け、敗退となりました。しかし、準決勝で素晴らしい釣技を見学させてもらい、非常に勉強になった1日でした。2日目、五島列島は野崎島周辺での大物釣り大会です。毎年良型のオナガや口太が顔を見せてくれるので、非常に楽しみにしていました。今回上げてもらったのは、運動場が近くにある広い瀬。夜も明けて来たため、早速釣りを開始します。すると流石は五島、1投目から30cmオーバーのオナガがアタリます!その後も同じように釣っていると、30cm前後のオナガが連発します。

そこでサイズアップを狙い、釣り方を替えていきます。左右遠近とポイントを釣り分けて探りますが、中々型が上がりません。そこでガン玉を追加し、マキエを後から打つことで、竿1本より下のタナで同調させるように狙うと、ポツポツと30cm後半の口太がアタリ始めます!さらに、左流れの潮が強く流れ始め出すと、潮に乗っていた仕掛けが勢い良く弾け飛びます!すかさずアワセを入れると、今までにない重量感です!しかし、一気に足元に突っ込まれラインブレイク…。悔しいながらも次を狙うと、さらに潮が速くなり始めます。ガン玉を追加して流していくと、再び糸が弾け飛ぶアタリが出ます!今度は一気に魚との間合いを詰め浮かせに掛かり、ウキが見えてからも何度も突っ込まれもしましたが、やっとタモに収まったのは、43cmのオナガです!価値ある1枚に喜び、時計を見ると納竿20分前になっていました。

その後もラスト1投までアタリ続け、40cm弱のオナガを追加した所で大会終了。今回は久しぶりに五島のポテンシャルの高さを思い知らされる釣行となりました。

7月13日、若潮。雨が降り続き、梅雨らしくなってきたこの日、北浦の磯にイサキ、オナガ狙いで釣行しました。いつもお世話になっている「喜福丸」さんにて上げてもらったのは「シバエ」です!この日は単独釣行と言うことで、乗り合わせとなったフカセ釣りの方、ルアー釣りの方3名で瀬上がりしました。

使用したマキエは、オナガ狙いということで、オキアミ生5角にマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」、「湧きグレ500遠投」の配合で、沖アミの粒が多く残るように意識して混ぜ合わせました。仕掛けは、竿が「がまかつマスターモデルオナガ/Mー50」に、道糸がサンラインの「グレ道/1・75号」、ハリスも同社の「ブラックストリート/1・75号」。ハリはがまかつの「あわせちゃダメジナ/6号」をセットします。ウキは釣研の「エイジア/G2」を道糸に通し、シモリ玉、ウキ止めを付けた半遊動仕掛けで開始します。

しばらくマキエを打ち、魚の動きを観察します。20分ほど打ち続けますが、この日は活性が悪く、足元にハコフグが見える程度でエサ盗りも出てきません。そこでオナガが出てくるまで、潮の中でイサキを狙うことにします。道糸ハリス共に1・5号に落とし、釣研の「スーパーエキスパートUE/0c」へ変更し、潮の強さによってガン玉を調整していきます。しばらく狙いますが、好釣だったイサキもアタりません。

アタリのない時間が続き、弁当便が届いた頃、潮に変化が訪れます。フラフラしていた潮が下りの激流へ変わります!そこで、早速ガン玉を追加して流していくと、100mほど流したところで糸が弾け飛びます!しばらく糸が引きずり出されながらも、何とか30mほど巻いてきたのですが、ここで無念のラインブレイクです。悔しがる間も無く仕掛けを結び直し、再度同じ潮を流していくと、再び糸が弾け飛びます!今度は強引にヤリトリして、なんとか半分ほど寄せて来た所で、またもラインブレイクです。恐らく4㎏前後のマダイの夫婦だったと思われます。

その後は大きなアタリもなく、潮が少し緩んできた所でイサキがアタリ始めます。イサキやマダイを狙う時は、仕掛けが潮に負けて浮いてこないように、丁寧にライン操作を行うことと、ためらわずにしっかりとガン玉を打つことがコツですね。この日は0cの浮力にBのガン玉を3つ付けた仕掛けで良くアタってくれました。

イサキを5匹確保したところで、潮が高くなってきたので瀬替わりです。向かった先は「大バエ」。北浦名物の美味しいお弁当を頂き、少し休憩した所で釣りを再開します。しかし、こちらは辺り一面コッパオナガの大群です。少しでもサイズアップを狙い、仕掛けの投入方法や投入ポイントを変えながら、35cmクラスまでのオナガの数釣りを堪能したところで、この日は納竿となりました。東九州の磯群では水温が上がり、オナガのアタリが増え始めたようです。皆さんも暑さ対策を万全にし、オナガを狙いに釣行してみてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード