TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分沖でSLJ堪能!

2019年 6月 24日 15時頃

6月24日、小潮。そろそろ梅雨入りの予報が出た月曜日、まつき釣具の坂井さん、葉山さんに誘われてSLJ(スーパーライトジギング)をやってみよう! の会へ参加。当日はシマノ、ハヤブサの営業マンに釣り上手なまつき釣具の常連さん達と一緒に細港のブルーホークさん(馬場船長)にお世話になりました。

前日からの強風で少し波立ってましたが、船が大きいので激しい揺れも無いままポイント到着。早速釣り開始です。6〜7ftのライトジギングロッドにPE0・6号、リーダー3号、タングステンジグの40〜60gを使用! 魚探には真っ赤な反応が…。

まずは着底して船長の指示ダナ付近をタダ巻きかワンピッチジャークで誘います。しかし、魚探反応はバッチリなのに潮が動かないのか、食いが悪く中々ヒットしません。悪戦苦闘の釣りですが、いきなり時合いがやって来ます。

ハマチに始まり、連発でギガアジと釣れ始め、急に船上は賑やかに…。ハヤブサの柳田君にはマダイがヒットしたものの、タモ入れ寸前で水面リリース。その後すぐにマダイがヒットして、今度はタモに収まってマダイをゲット!

さぁこれから忙しくなるかぁ! と思ったのも束の間、潮がピタリと止まり魚の食い気ダウン。アタリも無くなったのでお昼ご飯を食べます。

昼からはタイラバで大ダイを狙おうって事になり場所移動。水深は90m前後、シマノの「タイガーバクバク」を使用。ドテラ流しの釣りなのでヘッドは200gを使用します。着底して巻き巻きを繰り返し…、ポツポツとホゴやエソがアタってきます。

少し底潮が動いた様な感じがした時に突然の船上パニック! 次から次にアタリが出始め、どれもラインが出て行く大物の予感! 後方で釣ってた藤本君にはサメ、自分もサメ、ひょっとして全員サメがヒットしたのでは? みたいな空気になりましたが…。隣のシマノの阿部君のタイラバには立派なマダイが掛かってました! さらに葉山さんにも立派なマダイ! 阿部君のマダイは78cm、葉山さんのマダイは80cmの立派な大ダイが釣れました。それから中型のマダイがポツポツ釣れて、自分も2kgクラスのマダイをゲット!

気がつけば全員がマダイをヒットさせてました。SLJはこれから潮毎に状況が良くなり、釣れる魚種も多くなるとの事。また大ダイもまだまだ狙えるとの事なので、もう一度行ってみたいと思います。

ガルツフィールドモニター/山本修一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード