TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津&鶴見梅雨グロ&良型イサキ

2019年 6月 1日 14時頃

6月1日、中潮。この日は梅雨グロ調査のため、鶴見湾内の波止へ釣行してきました。まずは何ヶ所かポイントを回り、ゼンゴやサバゴの状況を見ます。今年はどこもゼンゴ、サバゴが多く、エサ盗りの少ない場所を選び竿を出したいからです。

今回のマキエは沖アミ生3角に、いつも愛用しているマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」、に波止グロということで、パン粉を3㎏配合しました。仕掛けは「がまかつマスターモデル口太Ⅱ/M・50」に、道糸はサンラインの新製品「ビジブルフリー/1・5号」、ハリスも同社の「トルネードコング/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/5号」をセット。ウキは波止グロと言うことで浅いタナを想定し、7mのハリスの中に釣研の「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒からハリまでを2ヒロに調整して開始します。

まずはエサ盗りが多く集まる前に、足元付近の沈みテトラの際を狙ってみます。すると、スズメダイが少し出始めた3投目…、からまん棒がゆっくり伸びるアタリです! すかさずアワセを入れると良型の重量感。テトラに潜られないように多少強引にヤリトリをして、浮いて来たのは38cmのクロです! 久しぶりの波止グロに喜びながらも次を狙います。

しかし、段々とエサ盗りのスズメダイやゼンゴ、コッパグロが多くなってきました。そこでポイントを沖に左右2ヶ所、手前に1ヶ所作り、3〜4投毎にローテーションすることにします。しかし、30cm前後のクロは見えるものの、思うように掛けることができません。ここで、マキエを打ってクロの動きを観察してみると、スズメダイの後について少し深いタナでマキエを拾っている様です。

早速、マキエを後打ちに変更してみます。仕掛けを先に投入し、1ヒロほどツケエが沈んだ頃にマキエを打ちます。こうすることで表面のマキエを先に到達したスズメダイに食べてもらい、スズメダイから逃れて沈んできたマキエと先に沈んでいたツケエが、後から来たクロに丁度合う様なイメージで釣っていきます。するとその1投目、いきなりアタリが出ます。潜られそうになりながらも上がって来たのは、35cmクラスのクロです! どうやらこの作戦がうまくハマり、夕方まで30cm前後のクロを拾うことができ、この日は納竿としました。

6月23日、大潮。この日は今が旬のイサキを求めて深島の磯へ釣行してきました。同行者は田中さん、古庄くん、みどりさんと私の4人。今回は夜釣りも兼ねて、いつもお世話になっている「ふかしま丸」さんの23時便に乗り込み、上げてもらったのは森崎鼻です。

この日のマキエは、イサキ狙いと言うことでマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」、「遠投ふかせスペシャル」の粒が多い配合で、深いタナまで狙います。仕掛けは、がまかつ「アルマ125/50」に、道糸はサンラインの「グレ道/1・7号」、ハリスも同社の「トルネード松田スペシャル競技ブラックストリーム/1・7号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/6号」をセット。ウキは釣研の「LFエキスパート/1号」で、まずは竿2本のタナに設定し開始します。

すると、早々に古庄君のウキが海中に吸い込まれます。上がって来たのは、35cm クラスのイサキです! すぐに私にもヒットし、35cmクラスがポツポツと竿を曲げてくれます。途中、ハタンポやゼンゴに悩まされながらも、イサキの夜釣りを堪能することができました。そして朝日が出始めた5時ごろ、田中さんとみどりさんが合流です。明るくなってからは急にイサキのサイズが上がり、40cm前後が連発します。私もウキを釣研の「スーパーエキスパートUE/0c」に変更し、1000釣法で狙います。すると流れに乗った仕掛けが、竿1本半ほど入ったところで道糸が弾け飛びます! 心地良い引きと重量感で上がって来たのは、40cmオーバーのイサキ!4人で良型イサキの数釣りを堪能し、クーラーが満タンになったところで、私は仮眠することにしました。

3時間ほど仮眠した所で、船が近づいてきた音で目が覚めます。深島の磯では、深島本島で作られた美味しくて温かいお弁当とお味噌汁を頼めるので、とてもありがたいです。満腹になったところで釣り再開です。しかし朝の潮とは打って変わって、当て潮に変わっています。仕掛けや投入点を変えますが、すぐに足元に寄ってくるため、エサ盗りにツケエが盗られてしまいます。

2時間ほど粘りましたがアタリが無いため、クロ狙いに変更です。ウキを0号に変更し、30mラインの浅いタナを狙っていると、ウキがゆっくりと沈むアタリです! 今までにない重量感で、何とか瀬を避わして上がって来たのは、40cm近いクロ! どうやらクロは浮いているようで、2ヒロ前後で連発します。数枚追加したところで、古庄君の竿が大きく曲がります。何度か潜られながらもタモに収まったのは、こちらも40cmクラスのクロです! しかし、この1枚を境に反応が無くなり、最後にバリを追加したところで納竿となりました。

6月に入り、鶴見半島では梅雨グロがアタリ始め、深島や鶴見の沖磯では良型イサキの数が上がっています! そろそろ夏の始まりですので、皆さんも暑さ対策を万全にし、旬の魚を狙って釣行してみてはいかがでしょうか。

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード