TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分市内の近場でチヌ釣り&アジ大漁!

2019年 5月 18日 0時頃

5月18日、大潮。みなさん、こんにちは。今までにない10連休のゴールデンウィークでしたが、楽しく過ごせましたか? 5月に入り、県南の磯では磯チヌで賑わいをみせ、また大分市内ではチヌの最盛期を迎えました。釣り心を熱くする時期に突入です。今回は大分市でも東に位置する日吉原公共ふ頭へ、チヌを狙いに釣行してきました。

配合したマキエは、沖アミ生2角にマルキユーの「チヌパワーVSP」、「湾チヌスペシャル」、「チヌパワー遠投G」の集魚剤を選びました。狙いたいポイントが20〜30mということもあり、なおかつ、そこそこの水深がある所なので、比重があり遠投と拡散性に優れた組み合わせを意識しながらしっかり練り込み、マキエを配合していきます。ツケエは遠投にも対応したマルキユーの「くわせオキアミスペシャル/L」、「くわせオキアミスーパーハード」に加え、ネリエの定番とも言える「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」を使用しました。

当日は釣りを楽しむ人達がそこそこおり、少し離れたとこで竿出しをしました。自分のイメージする本命であろうポイントに15ハイほどマキエを打ち、足元にも2〜3バイほど打って手前の状況を確認すると、小さい小魚はいるものの気になるほどでもなく、とりあえず仕掛け作りに専念しました。それから先程のマキエを打ったポイントへ先打ちマキエを更に10パイほど打ち、最初は状況を探るために沖アミを付けて狙ってみます。

何投かしたものの反応はなく、しばらく繰り返し狙っていました。潮変わりを迎える時間になるとツケエが盗られるようになり、ネリエと沖アミをローテーションしながら狙います。「高集魚レッド」を付けた時、気持ちよくシューッと伸びいくアタリ! アワセると本命であろうと思わせる引きが伝わります! 寄せてくると、35cm程のキビレでした。時合い突入かも? と思いながら次を狙っていきましたが、後が続きません。

しかし、引き続き本命であろうポイントは変えず、ツケエを沖アミにして狙っていくと、竿引きのアタリがあり、手前に寄せると食べ頃サイズのアジが釣れました。この時から納竿まで大中小のアジ祭りとなり、これはこれで嬉しいお土産ができました。大分市内でのチヌ狙いということで日吉原公共ふ頭に来ましたが、今回はアジも釣れたことで、チヌ・アジ共に楽しめた満足のいく釣行となりました。

大分市の東に位置するここ日吉原公共ふ頭は、車が横付けでき、収容力もあることからファミリーフィッシングや近場で休日の釣りを楽しむ方に持って来いの釣り場です。皆さんもチヌ釣りやアジ釣り、またファミリーフィッシングをしに、日吉原公共ふ頭に足を運んでみたらいかがでしょうか?

釣研東九州支部/MFG九州/GFG大分/山田尚弥・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード