TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵泊ヶ内波止チヌ釣り

2019年 5月 12日 12時頃

5月12日、小潮。日中の日射しも強まり汗ばむ季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回、私達はこの時期に乗っ込みチヌの最盛期を迎える津久見島にチヌ狙いに行ってみました。同行して頂いた方は、日頃から良くお世話になっている村中さん、高橋さん、近広さん、加塩くん、中澤くんに、私を含めて6名での釣行です。お世話になった渡船は、「第八有漁丸(TEL090・4771・9814)です。朝5時出港だったので、私達は4時半くらいに到着し、準備に取り掛かりました。そして船に乗り込み、いざ出船です。船はゆっくり臼杵港を出て津久見島へと向かいます。全員で一緒に瀬上がりするのは無理があるので、バラバラに別れて瀬上がりする事にしました。まず「旧波止」に加塩くんを降ろします。次に「スベリ」に中澤君を降ろし、「松バエ」に高橋さん、近広さんを降ろしました。そのまま津久見島から離れ、私と村中さんは「泊ヶ内」の波止に上がる事にしました。波止場なので足場も良く快適に過ごせます。波止の先端に2人並んで釣り座を構えました。

今回、私が準備したマキエは、沖アミ生2角に、つり万「プレミアムレッドチヌ」、「カラーチヌ」、「乱舞さぐりチヌ」を各1袋ずつを良く練り込み、遠投ができる様に仕上げました。ウキは強風時でも風に負けずに遠投が可能な、ソルブレ「シルバーループ/00号」とし、ハリは信頼の鬼掛「競魂チヌ/2号」の組み合わせで全遊動仕掛けを組みました。足元に数ハイのマキエを打ち込み様子を伺ってみると、アジ、コッパ、フグ、カンダイといった色々な魚達が迎えてくれます。私は初めての場所だったので、村中さんに丁寧にアドバイスを頂き、遠投をメインに狙っていく事にしました。しばらく仕掛けを打ち返しますが、ツケエだけが盗られます。ハリの塗装も剥げてるのでフグの仕業でしょう。マキエが効き始めれば必ずチヌが寄って来ると信じ、ひたすら仕掛けを打ち返しました。

すると村中さんの鋭いアワセと共に綺麗に竿が弧を描きます。難なく取り込んだのは、食べ頃サイズの綺麗なマダイでした。ようやく魚が動き出したかな? と思ったら、私のラインがゆっくり沖に伸びていきました! すかさずアワセを入れると、チヌ特有の引きが手元に伝わってきます! 引き味を楽しみながら無事取り込んだのは、40cm程の綺麗なチヌでした!

その後も同じパターンで40〜45cm程のチヌを2枚追加したところで、アタリが遠退きました。足元にいるエサ盗り達の動きも悪く、思ったよりも魚の活性が低い様に感じます。チヌのアタリもわずかにラインに変化が出るくらいで、気持ち良く引ったくっていきません。そして、このまま粘りに粘りますが、同サイズのチヌを2枚追加したところで納竿を迎えました。

港に戻り皆の釣果を見てみると、松バエ、スベリ、旧波止と皆さん良く釣られてました。場所によっては25〜30cm級のアジが釣れていたので、そちらを専門に狙っても面白いかと思います。しばらくは津久見島のチヌ、アジは楽しめそうなので、皆様も是非行かれてみてはいかがでしょうか? 特にアジは今の時期、脂が乗って最高ですよ!

最後に、自分達の釣り場の清掃・ゴミの後片付けは必ず行ってください。地元の方が非常に困っております。宜しくお願い致します。

チーム鬼掛大分支部/小原雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード