TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宇島港の春チヌ

2019年 4月 5日 9時頃

4月に入りました。ワカサギ釣りの大山ダム通いも一段落しました。5月20日のアユ釣り解禁まで50日。さて、この時期は何を釣ろうか?と言っても答えは決まっています。そうです、乗っ込みのチヌです。とは言え、あまり遠くまで足を伸ばすつもりもないので、自宅から最も近い福岡県の豊前市「宇島港」発電所向きに釣行してみました。

4月5日、大潮。満潮が9時半頃。6時半に到着すると、誰もいません。いつもの釣り座を確保します。同僚の野村君とは現地集合です。15分遅れて彼も到着。予報では南がらみの風予報ですから、海はベタ凪状態。すでに朝日も上がり、釣り準備を進めます。マキエはいつもの廉価版マキエを用意。沖アミ生は4分の1角です。ツケエと兼用します。これで約4時間程度の量です。

早々に10パイ程度打ち込みます。その間に仕掛けを作ります。いつもの棒ウキ仕掛けです。その後はタナ取りを丁寧に行い、底スレスレにセットしました。水温は計ってはいませんが、あまり冷たくはない程度です。マキエ投入から15分程度経過。ツケエを付けて投入開始します。静かに仕掛けが馴染みます。アレ?すぐに怪しい反応がトップに出始めました。エサ盗りか?しかしこのポイントはボラ以外にあまり想定できるエサ盗りが居ません。まさかとは思いましたが、いつものアタリに変化してじわっとトップ半分が沈みました。すぐにアワセを入れると、掛かりました!1投目にヒット!今日は運が良い(笑)。

チヌに関しては1月中旬以来の手応え。しばらくは、ほぼ手応えのないワカサギだったため、サイズがわかりません(笑)。まずまずの引きをしています。いつもの竿さばきで徐々に軽く浮かせました。見た目でサイズがわかるのですが、何せ3ヶ月ぶり(笑)。ブリ上げは無理なので、タモ入れすると、30cm級をゲット出来ました。

「良し、今日は釣れるぞ」と思いながら数投していると、またもやトップの中間で止まるアタリ。このポイントではよくあるアタリ方です。どうもツケエを咥えてじっとしているような感じです。底のツケエを拾っている感じで、すでにツケエは口の中と判断。アワセを入れるとやはり掛かっています。同様なサイズの手応えで2枚目をゲット!調子が良いです。

数枚釣ったところで野村君の様子を見ると、何かおかしい?「チョット足元で仕掛けを入れてみて」と言い、様子を見ると、まったく仕掛けが落ちていませんでした。ウキスイベルに問題ありだったので交換です。その後は仕掛けも落ちるようになり、数投かさねていると彼にもアタリが出ました。結構な引きをしています。水面まで浮くと、30cmオーバーのようです。タモ入れを手伝い、見事にゲットできました。彼もその後、順調に釣果を伸ばし、6枚の釣果で納竿しました。

さて、筆者の方も順調に釣果が出て、約4時間半で30cmチョイを筆頭に10枚。まずまずでした。気になったのが1枚だけ肛門が赤くなっているチヌがいたことです。もちろんお腹も膨らんでいます。徐々に乗っ込みのチヌが港内に入ってきているのかも知れません。約4時間程度、2人で16枚だったので、群れがいたかも知れません。そうなると、釣行を重ねて釣果を上げたいものです。

帰宅後はいつものように、家内がお刺身と塩焼きに調理してくれました。チヌは臭いとかよく言いますが、やはり釣ってからの処理に問題があるのではないでしょうか。しっかり生き〆し、筆者が確実に背骨を切り、尾ビレの付け根もカットします。少し曲げながら血を抜き、その後は海水の張った氷水に付けて持ち帰りますから、まったく臭くありません。

ということでしたが、4月上旬、信号待ちをしていると前に日田漁協の軽トラが止まっています。タンクを積んだ軽トラ…、時期的にアユ放流だろうと推察し、そのまま同行しました。某所に到着して職員の方に話を聞くと、今朝、鹿児島県の雨降川(あもりがわ)で捕った天然の稚アユを4時間かけて陸送してきたそうです。そのアユを今から放流。時価1㎏7000円と、そこそこ高価な牛肉相当。これを30㎏放流するそうです。約21万円ということになります。日田漁協としては、このように多額の資金を投じて皆さんのアユ釣りに貢献しているようです。

そこで釣り師の皆さんにもご協力をお願いします。まずは日田漁協エリアでは、遊漁券を購入することが絶対条件です。筆者もすでに購入しています。年券はウナギを別途と考え、一般的な魚種の竿での釣りなどは、アユの友釣りを含めた条件で10000円です。アユ釣りを外せば3500円。いずれも大山ダムのワカサギ釣りは入っています。基本的に毎年4月1日から翌年の3月31日までが有効期限です。中途購入の場合でも金額は同じで、末の有効期限も同じということになります。遊漁券は各漁協により設定が違うようですので、各自で確認して購入しましょう。楽しい日田漁協エリアの釣りをお楽しみください。なお、大山ダムのワカサギ釣りは、現在休漁に入っています。令和元年10月1日から解禁です。

日田市在住/波止釣り道楽(三苫章)・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード