TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2018 年最後の記事はメバリング!

2018年 11月 30日 12時頃

11月30日、小潮。今年も残り少なくなりましたね。悔いなく今年の釣り納めをしたいものですね。さて、今年最後の記事は、どこで何を釣ろうかな。やはり、最後はホーム国東半島でメバリングだー。って事で、多分釣れ始めているであろうメバルを狙ってレッゴーです。

①昔は定番だった港・・・常夜灯、テトラ、潮通し、海藻と絶対メバルが釣れるであろうポイントです。何年か前は、めちゃくちゃ釣れて人も多く釣る場所が無いくらいでした。今はなぜかメバルが釣れなくなり、ほぼ釣り人が居ないです。この日も私の貸し切りでした。早速準備して、内海側にキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッ。釣れはしなかったもののバイトがあり、魚が居ることは確認できました。再びキャストして、今度はアワセも上手くいき、ヒットです。引きも結構強いです。もしかして、シーズン序盤でいきなりの尺メバル? しかし、手前まで引き寄せたら銀色の魚体です。アジ? 釣れたのは、私の宿敵セイゴでした。この時期は、特に多いんですよね。セイゴもシーズンなのかな。私はシーバス釣りはしないのでシーバスのシーズン知らないんですよね。気を取り直して、キャストしてみます。何投かするとバイトがありました。ツン、ツン、ツーでアワセす。ツン、ツンとメバルが突いている時にアワセても釣れないです。メバルが完全にワームを咥えて反転したツーでアワセないと釣れないです。そして、釣れたのは本命のメバルでした。小振りですが、今季初のメバルで嬉しかったです。

そして、1匹釣れるとなぜかバタバタと釣れるのがメバルです。同じポイントにキャストして、同じカウントダウンで沈め、同じ速さで巻くとポツポツと釣れました。まあ、小さすぎてキープ出来るサイズでは無かったんですが、数釣りが出来て楽しかったです。これ以上のサイズアップが見込めないのと、他のポイントも気になるのでランガン。

②内海だけど良型が釣れるポイント・・・常夜灯が消えてる…。ランガン。

③内海だけど潮通しが良いポイント・・・シーズン序盤と終盤は、結構釣れるんですよね。ただ、厳冬期は全く釣れないです。本日は、パチャパチャと水面でライズしています。メバルじゃない、あいつかな。キャストしてワームを沈める間にバイトします。やはり釣れたのはゼンゴです。ヘッドライトで海面を照らすと無数のゼンゴがいます。本日は、メバル狙いなのでランガン。

④1級ポイント・・・メバルが釣れる全ての条件が揃っている県北1級ポイントです。もちろん人気があり、なかなかポイントには入れないです。本日は、何とかキャスト出来る場所がありました。とりあえず内海側からキャストしてみます。しかし、無反応。外海側にキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→プルッ→微トゥイッチでヒット。釣れたのは、メバルです。プルッと来ても釣れない時は、微トゥイッチが効くんですよね。アジングの時みたいに激しくトゥイッチするのではなく、軽くトゥイッチするのが良いんです。このポイントにもメバルが居る。しかし、まだまだ小さいですね。

そして、微トゥイッチ→リトリーブしているとヒットで横走り。ゼンゴです。ゼンゴが居るならとアジング用のワームに変えてキャストしてみると、今度はメバル。これは、メバリング・アジングのあるあるですよね(笑)。再びメバリング用のワームに変えてキャストです。キャスト→着水→任意カウントダウン→プルッ! 明確なバイトです。柔らかいメバリングロッドが弧を描き曲がります。下へ下へとロックフィッシュ独特の引きです。丁寧に釣り上げたのは、今時期としてナイスサイズな20㎝オーバーのメバルでした。嬉しい1匹です。その後も、チビメバルとゼンゴを少し釣って納竿です。
○釣り場・・・国東半島
○釣果・・・セイゴ、ゼンゴ、メバル
○感想・・・まだ水温が高いのか、ゼンゴが多かったです。メバルは、小さいのも含めたら数は釣れました。サイズは、これからに期待かな。セイゴの活性も高すぎるくらい高かったです。まあ、今回は色んな魚が釣れたので楽しかったです。これからサイズ・数共に狙えるメバリングです。皆さんも是非メバリングへ。それでは、今年の「Z的な釣り日記」はこれで最後です。来年も頑張りますので、皆さんよろしくお願いします。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード