TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

県北のチヌ釣り

2018年 12月 2日 17時頃

12月2日、長潮。早いもので、もう12月に入り、今年も残すところ後1ヶ月になりましたね。季節は冬のはずですが? 天気が良ければ、日中は過ごしやすく秋を思わせる程です。本日は曇りがちですが、そんな陽気の中、秋のチヌ釣り第3弾です。数多くの釣り場がある中、今回選んだ釣り場は「小池港」です。この釣り場は外・内、共に狙えますが、外海の方が水深もあり、型も良いようにあります。

午前8時頃、釣り場に着きます。釣り人は港内に向かっての投げ釣りでの釣り人が1人です。私はテトラから外海に向かっての竿出し。まずはマキエ作りです。今回のマキエは、沖アミ生1角にマルキユーの「チヌパワームギスペシャル」、「ナンバー湾チヌIl」を各1袋です。そしてツケエは同じく、マルキユーの「くわせオキアミスーパーハード/L」、「食い込みイエロー」、そして「高集魚レッド」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」で狙います。

仕掛けは、竿はがま磯「チヌ競技スペシャルⅢ /0・6 号/ 5・3m」、リールは「シマノBBーXハイパーホースC3000DXGSライト」、道糸が1・5号、ハリスが1・5号、ウキは釣研の「大征黒/5B」、水中ウキに同社の「メタル弾丸マイナス5B」、ハリはオーナーばりの「インホワイトチヌ/2号」です。

最初はテトラの先端付近から狙ってみることにします。足元にマキエを打つと、多くの工サ盗りが集まってきます。沖を攻め、数投目にしてアタリがあり、アワセを入れるとチヌとは違う良型の引きで、姿を現したのは国東では驚きの32 cmのクロです。その後、マキエが効いてくると手の平サイズのクロ、フグ、15 cmクラスのメイタと色々釣れますが、本命がなかなかヒットしません。

辛抱強く仕掛けの投入を繰り返し、そして良型のアタリがあったのは、1時間程してからです。チヌ特有の引きが伝わり、テトラを避わし、タモに収まったのは、42cmとまずまずのサイズです。その後は連続ヒットとは行かず、エサ盗りに苦戦します。状況が変わったのは、上げ潮が動き出してからで、1投ごとにツケエが残らない状況の中、たまに綺麗に残り出しました。そして待望のアタリです。これも良型の引きで、ヤリトリを楽しみ40cmが姿を現します。数投後には35cmクラスが連続して釣れますが、時合いは続かず、アタリが遠退きます。

ここで釣り座を手前の方へ移動してみることにします。ここでもエサ盗りの多い中、遠投での仕掛けの投入を繰り返します。ツケエのローテーションをする中、「高集魚レッド」で誘いを入れると、ウキが押さえ込まれ加速をつけます。十分に間合いを取ってアワセを入れると、力強い引きと重量感で愛竿が綺麗な曲がりを見せ、無事タモ入れ成功したのは、本日最大となる44cmです。その後35cmを追加し、15時に納竿しました。今年も残りわずかです。みなさんも国東のチヌ釣りを楽しんでみてはどうですか。

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード