TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 長崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

長崎県平戸で泊り釣り

2018年 11月 10日 11時頃

11月10日、中潮。一段と寒くなる日が増え、冬の便りが聞こえ始めたこの日、長崎県は平戸の地磯に泊りで釣りに出かけてきました。今回の同行者は、会社の同期である井上さん、林田さん、戸高さんの3人です。金曜日の会社終わりに4人で出発し、まず最初に向かったのは平戸の北東に位置する地磯です。気の合うメンバーとの釣りは道中も楽しいですね。約3時間少し掛けて到着し、夜明けまで少し仮眠します。

うっすらと夜が明けてきた頃に準備開始。まず朝一は揃ってルアーの準備です。ここは青物や底物の実績がある場所なので、期待が持てます。辺りが完全に明るくなった頃、底付近を狙っていた林田さんにヒット!上がって来たのは35cmクラスのキジハタです! いきなりの高級魚に興奮しながらも投げ続けると、全員アタリはあるものの、ハリ外れや瀬に潜られたりと中々釣り上げられません。そうこうしているうちに、朝まずめの時合いを逃してしまい、アタリが無くなってしまいました。

そこで、私はフカセ釣りの準備に取り掛かります。今回のマキエは沖アミ生2角に、愛用しているマルキユーの「超遠投グレ」、「遠投ふかせスペシャル」の配合で、遠投が効くように丁寧に仕上げました。仕掛けは竿が「がま磯インテッサG5/1号/50」に、道糸はサンラインの「マスラードⅡ/1・5号」、ハリスも同社の「トルネード Vハード/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/5号」をセット。11月ということで浅ダナを意識し、7mのハリスに釣研の「エイジアマスターピース/01」を通し、からまん棒でウキ下を調整できるようにします。

まずは、中距離へマキエとの同調を意識しながら1投目、いきなりの糸ピンのアタリです! 上がって来たのは手の平サイズのコッパグロでした…。マキエを打ちながら観察すると、辺り一面海面が盛り上がる程のコッパグロが見えます。左右遠近に釣り分けたり、時間をおいて場所を休めるも、サイズアップが出来ません。他の三人もアタリが無いようで、4人で相談して場所移動の決断をします。

次に向かったのは、平戸の端にある宮之浦の地磯です。ここも、潮の流れが良く青物やイカ、クロの期待が持てそう! 井上さんと私はフカセとエギングで、林田さんと戸高さんはルアーとエギングで各々狙って行きます。早速開始すると、こちらもコッパグロが元気にマキエを拾っています。ですが、先ほどよりはコッパグロの数は少なく型も良いようで、しばらく粘ってみることにします。まずは、遠近左右とポイントを3〜4ヶ所作って釣り分けていきます。すると、ポツリポツリとキーパーサイズが釣れてくれるものの、イマイチ型が上がりません。

そこでウキ下はそのままで、ハリから50cmほどの場所にG4のガン玉を打ち、速くツケエが沈むように調整します。また、マキエも先打ちから後打ちに変え、マキエの最初に出てくる足の速い型の良いクロを狙う作戦に変更です。その3投目に竿引きのアタリです! 今までにない重量感で上がって来たのは、30cmオーバーのクロ! 中々サイズアップが出来ず、苦戦していただけに喜びも倍増です。その後も、場所の釣り分けや後打ちマキエで30cmオーバーを数枚追加したところで辺りが暗くなって来ました。そろそろフカセも終了かなと思っていた時、エギングをしていた林田さんにヒット! 上がって来たのは4 0 0g 前後のモイカ! これを見て、すぐにエギングに変更します。完全に暗くなった頃、アタリが増え始め、モイカの時合い突入です! 2時間ほどで400〜500gクラスの数釣りを堪能し、そろそろ納竿かなと思い始めたとき、戸高さんに本日1番のアタリが出ます! ドラグを鳴らしながら上がって来たのは、700gオーバーのモイカでした!

その後もポツポツとアタリが出続け、全員安打の1日目となりました。そしてこの日釣ったキジハタにクロ、モイカを堪能し、釣りもお腹も大満足したところで、寝床に就くことにしました。次の日も3人はルアーにエギング、私はフカセに分かれて釣り開始です。この日も前日同様にポツリポツリとキーパーから30cmクラスのクロの数釣りを堪能し、コッパグロの中からサイズアップを狙ういい練習となりました。この日も各々で釣果を上げ、納竿時間が近づいてきた頃…、エギングで粘っていた井上さんに待望のビッグヒット! しばらくドラグを出され、慎重にヤリトリをしながらタモに収まったのは、1㎏クラスのモイカです! 4人で宮之浦のポテンシャルに驚かされながらも、是非また来たいと思わされた釣行となりました。

12月に近づくにつれて、大分だけでなく九州各地でクロや青物、モイカなどの釣果が聞こえてくるようになってきたようです。これからまだまだ寒くなりますが、釣り物も増えてきた冬の海に、美味しい食材を求めて皆さんも釣りに行ってみてはいかがでしょうか!

釣研FG東九州支部/藤本祐一郎
12月に近づくにつれて、大分だけでなく九州各地でクロや青物、モイカなどの釣果が聞こえてくるようになってきたようです。これからまだまだ寒くなりますが、釣り物も増えてきた冬の海に、美味しい食材を求めて皆さんも釣りに行ってみてはいかがでしょうか!

釣研FG東九州支部/藤本祐一郎

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード