TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ハシリのエギングモイカ

2018年 10月 3日 8時頃

10月3日、小潮。「4日(木)は、台風25号が沖縄に再接近する見込みです。5日(金)にかけて…暴風が吹き荒れる可能性があります」。台風25号の接近で10月4日は雨の予報。4日に西大分港でエギングをしようと思っていた筆者の計画をどうしてくれんのさ! しかも暴風が吹き荒れるってことは、海が釣り可能な状態になるまで数日間を要するわけで…。こりゃ〜3日(水)に行っとかんと、しばらく釣りに行けんばい。

ということで、夜勤明けできつかったのですが、3日の朝7時半、西大分港へエギング。西日本電線裏の白灯台から釣行開始。港の内側は台風24号の影響が残っており、ササ濁り状態。別府湾側も少しにごりが残っているけど釣行は可能。白灯台に移動しながら別府湾側にキャストして行きます。台風24号の雨で洗い流されたのか、堤防にはイカ墨のイの字も無く、子イカのチェイスも無し。途中、出会った先行者のエギンガーにヒアリングしてみると、「反応無し」とのこと。終点の白灯台で4〜5投しましたが、無反応のため赤灯台側に移動。

白灯台側と比べると、モイカが釣れそうな箇所が数ヶ所あります。言い忘れましたが、佐賀関がホームグラウンドの筆者は、西大分港でのエギングは初めてでして。赤灯台まで要所でキャストしますが、反応なし。港の内側は白灯台側より濁りが強い。これは近くを流れる小川から台風24号の泥水が流れこんでいるためでしょう。堤防の影に沿ってベイトが多数いましたが、モイカを1度も目視することはできませんでした。別大道路側にあるテトラ帯を別府方面へ向けて調査したかったのですが、46歳、夜勤明け、体力も無く断念。次の機会に調査したいと思います。

10月8日、大潮。職場の先輩ヒデさん、SGパイセン、筆者の3人で四浦半島の佐伯市側を釣行。当初、鶴見半島で釣行する予定であったが、天気予報は北系の風。グーグルマップで確認すると、鶴見半島の風裏(南側)は釣行場所が少ない印象を受けたため、北系の風に強い四浦半島の佐伯市側に変更となりました。

道路沿いのテトラ帯から釣行開始。ヒデさんはボトムワインド、SGパイセンはエギング、筆者はテキサスリグで探ってみます。シャロー過ぎて釣り難く、3人いるから何とかなるだろうと思っていましたが、テキサスリグで釣れた小さいカサゴのみ。夕まずめには状況も変わるとは思ったのですが、同じように反応はありません。日が落ちてから近くの夏井漁港へ移動を決断。漁港堤防の先端へ行ってみると、たくさんのイカ墨が! これは期待できる! ヒデさんはアジング、SGパイセンと筆者はエギング。で…、2時間ほど粘ってみましたが、アジもモイカも反応なし。他のエギンガーにヒアリングしてみると、ここは夕方が良いらしく、この日は堤防の先端で4〜5ハイ釣っていたのを見たそうな。しまったぁ〜! 移動するのが遅すぎたようだ。

次の場所へ移動する前に、漁港の外側に停泊している長方形の作業船の周辺を調査してみる。3・0号のエギが8秒ほどで着底するドシャロー。2投目に待望の魚信が! 150gくらいの小さいモイカ。その後、魚信がないので佐伯市の浪太漁港、臼杵市の坪江漁港の2ヶ所をランガンしましたが、どちらもモイカは釣れずに終わってしまいました。

10月11日、中潮。平日に仕事が休みとくれば、エギング行くでしょう! 8日の不釣を挽回すべくヤル気満々でしたが、雨のちくもり、北西の風4〜5mではどうしようもなく…。肌に触れる雨が冷たい。この冷たい雨では海水温が急激に下がっているでしょう。こんな日は釣行しても、エギをロストするだけで何も釣れない可能性が高いので、あきらめよう…。

10月15日、小潮。平日に仕事が休みとくれば〜…。夕方から西系の風になる予報であったので、風裏になる佐賀関の一尺屋下浦の地磯でエギング!途中出会ったエギンガーにヒアリングしてみると、「釣れませんね」とネガティブな情報。現在時刻は19時、これからでしょう! とシャクリ続けること2時間…、釣れませんね。

この日は釣り仲間と筆者の計5人で釣行していたのですが、3人がエギング中心でしたが、誰一人として魚信なし。3人ともエギングを諦め、アジングに変更。20〜23cmのアジがポツポツと釣れます。アジが良い感じに回遊してきたので、もしかしたらモイカも回遊してないかな? と、エギングに再度切り替えた3投目! 来たよ!

そしてフックオフしたよ…。まじか〜、痛恨のフックオフ。そして、これがこの日最初で最後のモイカの魚信でありました。モイカを仕留め、今回の原稿をピシャっと締めたかったな〜。今回の釣行では150gのモイカ1パイとお寒い報告ですが、エギングシーズンはこれから、これからですよ! と自分に言い聞かせ、年末までやってやるぜぇ〜! エギングを!

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード