TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋本番!! 姫島のチヌ釣り

2018年 10月 14日 16時頃

10月14日、中潮。秋本番を迎えましたが、週末になると相次ぐ台風で各種イベント、催し物は中止・延期になり、そして私は釣りですが本当に天候に左右されます。本日ようやく毎年恒例の秋の姫島のチヌ釣りに行けることとなりました。事前情報によると、秋の気配を感じる様になり始めると、チヌ狙いの釣り人も例年になく多いようで、皆さん良い釣果を出しているようです。という事で私も期待し、朝一便の6時20分で出港します。

まずは西浦港で竿を出し様子を見ることにします。少し風が強いようですが、マキエと仕掛けの準備。今回のマキエは、沖アミ生2角にマルキユーの「チヌパワームギスペシャル」、「湾チヌスペシャル」、「ナンバー湾チヌⅡ」を各1袋です。そしてツケエは同じくマルキユーの「くわせオキアミスーパーハード/L」に「高集魚レッド」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」に加え、今回は新製品の「食い込みイエロー」をプラスし、ローテーションで狙います。

仕掛けは、竿ががま磯「チヌ競技スペシャルⅢ/0・6号/5・3m」、リールが「シマノBBーXハイパーホースC3000DXGSライト」、道糸1・75号、ハリス1・5号、ウキが釣研の「大征黒/5B」、水中ウキに「メタル弾丸マイナス5B」、ハリがオーナーばりの「インホワイトチヌ/2号」です。

手前はエサ盗りが多く、遠投で狙います。しかし正面からの風で仕掛け、マキエは思った以上に飛ばず、そして仕掛けは手前に寄ってきて最悪の条件です。ハリ掛かりするのはフグ、ベラ、コッパグロとエサ盗りは元気いっぱいです。このような状況の中、試行錯誤を繰り返すも午前中は30㎝級のメイタを3枚と散々な釣果に終わり、半ば諦め気味の気分で終了。今日は期待できそうにありません。

そんな気分の中、午後からは下げ潮に入ります。状況が変わることを期待し、仕掛けの投入を繰り返します。風は相変わらず正面から吹きますが、仕掛けは手前に寄ってくることはなく左から右へ良い感じで流れます。するとウキが押さえ込まれ、加速がついたところでアワセを入れると、竿にずっしりと乗り、42㎝が姿を現します。さらに数投後、35㎝クラスがヒットしました。

その後、ツケエのローテーションと適度な誘いが奏効し、連続してアタリがあり、数を増やしていきます。そして14時頃「食い込みイエロー」で誘いを入れ、食わせたチヌは本日最大の44㎝で、愛竿の「チヌ競技スペシャルⅢ」が綺麗な弧を描き、引きを十分楽しみ無事タモ入れ成功です。それからもメイタサイズから40㎝クラスがヒットし、15時半に納竿しました。本日は午前中に苦戦を強いられましたが、午後から状況が変わり数釣りを楽しむことができました。そして、これからのチヌ釣りに強力なツケエとなる「食い込みイエロー」が増えたことで、楽しみも一つ増えました。

秋本番を迎えています。みなさんも姫島・国東のチヌ釣りを楽しんでみてはどうですか。

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード