TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

船のタチウオ釣り

2018年 9月 22日 0時頃

9月22日、中潮。今シーズン初めてのタチウオ釣行は、大分西細港からの「照陽」であり、朝5時前に到着して道具を降ろしていると、船のエンジンが掛かり明かりが灯った。船に向かい、船長と乗合い客に挨拶を済ませて乗船し、釣り座に道具を運んで乗船名簿に記入。それを終えると、いざ出港。少し風と波があり、佐賀関の水道はスピード抑えながら走り、約1時間でポイントに到着する。仕掛けの準備に入り完成させて待っていると、船長から注意事項の説明とタナの指示があり、「どうぞ」の合図で6時半に本日の釣りがスタートする。

1 投目からアタリがあり、ハリ掛かりを確認して高速で巻き上げながら、水深120m を巻き取る途中は、バレないか穂先の動きを確認している。やっと上がって来て水面から引き抜いたのは、指3本クラスのレギュラーサイズでひと安心する。

それから同サイズを2本追加したところで、潮が止まり我慢の時間となる。しばらくして潮が動き出しアタリが出始めるが、風と潮の流れがクロスしており、船長も操作に苦労している様で「オマツリ注意報」のアナウンスがあった。ポイントを移動しての1投目は一斉投入なので大丈夫だが、2投目からは神経を使う。私も2回のハリス切れと高切れがあり、悪戦苦闘の時間も増えて来た。

それでも「乗船客のチームワーク」で、それぞれがアタリを捉えては、コツコツと数を追加していく。そして待っていた時合い到来に、何人も指6〜7本クラスを手にし始めた。私もこれまで以上のアタリを捉え、何度も穂先が海面に突き刺ささりながらドラグが空回りする引きを慎重に耐えて、上がって来たのは今日一番の指7本(116㎝)のドラゴンであり、ガッツポーズ!

余韻に浸る間もなく、船長の「この時間を大切に! 誘い方の違いで釣果に差が出ますよぉ!」のアドバイスに再びスイッチが入り、誘いを意識しながら微妙な穂先の変化に集中する。その後、アタリも増え、指3本以下のリリースサイズも交じる中、食い上げのアタリを捉える。再びリールの巻き上げが何度か止まりかける引きがあり、上がって来たのは、2本目の指7本ドラゴンであるが、リーダー付近で隣とオマツリしている。すかさず、船長が現れ「あっ」という間に絡みが取れて無事引き抜くことが出来た。

徐々にアタリが少なくなり、これまで通りの誘い方では食って来なくなる。その後も移動しながらポイントを変えて、前半に比べればスローペースではあるものの、ポツリポツリと追加して行き、13時半に納竿となる。今シーズン初めてのタチウオ釣りは、15本(指7本が2本)と上々の釣果であった。帰港後、重たくなったクーラーと道具を車に積み込み、船長に挨拶を済ませて安全運転で帰路につく。これから食いが上向くとの事で、期待十分である。照陽と大分の漁場に感謝!


熊本在住/中島康夫・記


使用船=照陽 TEL 080・2792・6134

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード