TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

WFGチヌ代表決定戦 in 鶴見

2018年 9月 16日 0時頃

9月16日、小潮。朝晩の気温もだんだんと涼しくなってきたこの日、釣研FG東九州支部のWFGチヌ代表決定戦として、鶴見湾内の磯にチヌ釣りに行ってきました。この日は支部代表者決定戦ということで、1試合2時間のトーナメント戦のため気合が入ります!朝6時に集合し、抽選をした結果1回戦は東九州支部ベテランの幸さんとの対戦です。いつもお世話になっている「速見丸」に乗り込み、2人で降り立ったのは、「トギレのハナレ」でした。

今回用意したマキエは、鶴見湾内ということで遠投を意識し、沖アミ生2角にマルキユーの「チヌパワームギスペシャル」、「チヌパワー遠投G」、「チヌパワーDASH」、「チヌベスト」を加えて粘りが出るように丁寧に混ぜ込みます。状況が分からなかったため、ツケエはアピール力の高い「エサ持ちイエロー」や集魚力の高い「高集魚レッド」、沖アミの生やボイル、ムキ身と多めに準備しました。

仕掛けは竿が「がま磯マスターモデルⅡ/Mー53」、道糸がサンラインの「テクニシャンネオ/1・5号」、ハリスも同社の「スーパートルネード/1・5号」で、ハリはがまかつ「掛かりすぎチヌ/2号」をセット。この時期の鶴見湾内でのチヌ釣りは初めてだったため、ウキは磯チヌでいつも愛用している釣研「プログレスチヌ/S2」を道糸に通し、ハリスは竿1本ほどで真ん中少し下にG5のガン玉を打ち準備完了です。

まず最初の1時間はトギレの中側に入ります。40m程沖にポイントを設定し、開始後しばらくは多めのマキエを入れながら様子を見ていきます。潮の流れによってガン玉を足したり外したりしながら釣っていくと、ベラやホゴが釣れてきます。どうやらエサは海底付近まで残っているようです。すると、朝の潮変わりの時間帯にわずかに道糸が伸びるアタリが出ます! すかさずアワセを入れると、心地の良い重量感! しかし、すぐに根に張り付かれ、無念のラインブレイクとなってしまいました。どうやらチヌではなかったようです。

その後も時間いっぱいまで2人で粘るものの、両者キープのないまま終了となりました。そして、抽選の結果、無念の1回戦敗退となってしまいました。他の選手たちに状況を聞いてみるも、どの磯も苦戦を強いられた磯が多かったようです。敗戦しましたが、気持ちを切り替えて瀬替わりです! 次に上がったのは「白崎2番」。同礁してもらったのは、チヌ釣りが得意である先輩の藪田さんです。藪田さんの好意で先端を譲って貰い、釣りを開始します。すると、浅いタナでウキが消し込みます! 上がってきたのは30㎝クラスのクロ。どうやら浅いタナにクロが湧いているようです。

そこで、仕掛けの投入位置をマキエから潮下に離していく作戦に変更です。同時にツケエをネリエやボイルメインで釣っていきます。ツケエが残る投入位置を探しながら釣っていると、少し潮が緩んだタイミングで勢いよく道糸が弾け飛びます! すかさずアワセを入れると、糸が引きずり出されますが、2回ほど糸を出した後、ハリが外れてしまいました。気を取り直して次の1投目…、同じようにマキエと仕掛けを入れていくと、再び道糸が弾け飛びます! 今度はしっかりとアワセを入れ、ヤリトリ開始です。時折頭を振りながら上がってきたのは、40 ㎝クラスのマダイでした! ターゲットではなかったものの、綺麗な魚体に喜びが込み上げてきます! すると、ワンド向きで釣っていた藪田さんにもアタリです! 綺麗な竿曲げから浮いてきたのは、40㎝オーバーのチヌです! 厳しい状況の中の価値ある1枚、流石です!

その後も2人で狙っていきますが、やはり思うようには釣れません。そこで、マキエにチラチラと見えていたクロに狙いを定めます。7m取ったハリスの中に、釣研の「エイジアLC/00号」、グレバリの5号に変更し、エサ盗りとコッパグロが沖に出ないように意識しながら沖の流れを釣っていると、仕掛けが竿1本ほど沈んだ時に、道糸にわずかな違和感を感じます。少しラインを張ってやると、竿先にコツっとアタリが伝わります! すかさずアワセを入れると、今までに無い重量感! 頭を振らず瀬に一直線に向かうので、良型グロの予感です。何度か瀬に張り付かれながらも、やっとのことでタモに収まったのは、44㎝のクロ! 思いもよらない時期外れの良型に驚きです。

それから再びチヌ狙いに徹するも、納竿間際に藪田さんが技ありの2枚目を釣り上げたところで、私はチヌを釣ることなく終了となってしまいました。港に帰ると、WFG支部代表者の発表です! 代表は2回戦、決勝戦とも流石の釣技で唯一のチヌを釣り上げた幸さんに決定しました。WFGチヌ本選でも、熟練の釣技で上位目指して頑張って欲しいですね! 海水温もまだ高くエサ盗りも多い時期ですが、良型の魚達も動いてきています。皆さんも是非、磯釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか?

釣研FG東九州支部/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード