TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

IG-CUP 米水津にて開催

2018年 9月 23日 13時頃

9月23日、大潮。初夏に開催予定だった今大会が天候影響で延期となり、秋分の日に開催されました。今年始めて開催されるIGカップは、あの猪熊さん率いるGАMEのメンバーの皆さんが主催となり、メーカーなどを問わず純粋にクロ釣りを楽しみたい方たちを対象にした大会です。面白いのは、ペアで登録し、ペアの総重量で競うというチーム戦になります。各自沖と湾内に分かれてクロを釣り、それを合わせた総重量で競うため、一人だけで釣っても上位に食い込むことが難しいという難度の高い釣りとなります。それだけに面白みも増します! 当日私は銘技会のメンバー・染矢満さんとペアを組ませていただきました。ただでさえプレッシャーがあるのに、染矢さんの足を引きずらないようにと考えていると、緊張しっぱなしです! 真っ暗の中、大会会場に足を運ぶと、通常の大会とは異なる和気あいあいとしたムード。私も気合がはいります! 当日の参加者は73組(146名)との発表。流石に注目の大会だけに多いです!

ペアを組ませて頂いた染矢(満)さんは沖磯へ、私は湾内の白子の東へ上礁。明るくなる前にタックルを組み、準備万端。昨年よりは水温も低めとの話で、下手をすると面白い釣りが楽しめる可能性もあるので、キザクラ「マルカート/0シブ」をチョイスし、徐々に沈める全遊動沈め釣り仕掛けを組みます。辺りが徐々に明るくなる頃、マキエを足元から打ち始めると、スズメダイ、ネンブツダイ、コッパグロなどのエサ盗りがチラホラと見えますが、それほど数が多い状況ではありません。磯際に仕掛けを投入し様子をみます。あっけなくツケエが盗られてしまいました。そこで、10mほど沖へ仕掛けを投入。しばらく流して仕掛けを回収すると、こちらはツケエが残りました。どうやらそれほどエサ盗りも激しくありません。定石通り足元にエサ盗りを集め、沖にダミーのマキエを1杯、本命用を1杯入れて仕掛け投入。仕掛けが馴染み、ゆっくりとウキが沈んで行きます。その時、ウキが加速しながら沈み始めたので、条件反射的にアワセ! 上がって来たのは、体長30㎝級のクロです! 幸先もよく、状況も悪くなさそうです!この調子で中型グロを数枚キープ。どうにかボーズは免れることができたので、ホッとします。なにはともあれ、染谷(満)さんの足を引きずっては行けないのです!

そうこうしていると、湾内から沖へ流れていた潮が逆方向に流れるようになりました。私が流していた仕掛けが竿1本弱ほど入ったときに、ものすごいアタリ! でも掛かりが浅くスっぽ抜け。ここで気持ちが挫けそうになりましたが、ペア戦であることを考え、もう一度前向きにトライです! 変わった潮はどんどん足元に突っかけ始め、さらに元の通り湾内から沖へ流れる潮に…。最初に釣り上げたクロの要領で仕掛けを流します。竿1本半ほど仕掛けが入ったところで、道糸を始め飛ばす明確なアタリ! 今度は間違いなくフッキングし、どうにか取り込んだのが体長40㎝オーバーのクロ! やりました! 普段はネガティブな自分に押しつぶされることが多いだけに、ペア戦特有のプレッシャーで前を向くことができ、釣果に恵まれたのだと思います。染矢(満)さん、ありがとう!

時は流れアッと言う間に競技時間が終わり、回収となりました。帰港してみると、すでに検量が行われています。皆さんまずまずの釣果が上がっているようで、個人的には「秋磯開幕じゃない?」といった印象。また、ペア戦のため、それぞれペアで大いに盛り上がっていた検量風景に、この大会は面白いなーと実感! 参加された皆さんも、おそらく同様の感想だったのではないでしょうか? また、さすがは猪熊さん率いるGАME主催とあり、名だたる参加者がいる中、優勝は「磯坊主2」こと、矢野さんと石橋さんペア。そして、準優勝は「五郎ちゃん」こと松尾さん、五郎丸さんペア。そして、3位には私の所属する銘技会の田中さん、染矢( 正)さんの「FIRE」が…。また、運良く私達「M2」は、5位に入賞することができました! ありがとうございます。

閉会式では沢山の参加者はもちろん、有名選手のトークも楽しめ、非常に有意義な一日となりました。「来年もできる限り開催したいと思います」との主催者の言葉に安堵。来年ももちろん参加させていただきます! 大会関係者の皆様、楽しい大会をありがとうございました。

銘技会/ キザクラファミリー宮崎 田代聖二・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード