TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

国東半島影港のチヌ釣り

2018年 9月 17日 0時頃

9月17日、小潮。日中も涼しくなり、朝晩は肌寒く感じるようにもなってきました。もう秋を感じる時期となってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回私は最近好釣な国東半島にチヌを狙っての釣行としました。同行して頂いた方は、私と同じチーム鬼掛に所属している野尻君です。野尻君は地元が国東なので、国東の釣り場にとても詳しく、いつも良い釣り場に連れて行ってくれます。干潮が午前7時半、満潮が午後14時半だったので、干潮から上げ潮に変わる上げの時間帯を狙っての出掛けてみました。

そして私達が向かった港は、国東半島の「影港」です。港に着くと誰も居なかったので、波止の中央付近の沖向きに釣り座を構えました。今回、私が準備したマキエは沖アミ1角に対し、つり万「乱舞さぐりチヌ」、「カラーチヌ」を各1袋を良く練り込み、遠投ができる様に仕上げました。ウキは強風時でも風に負けず遠投ができるソルブレ「シルバーループ/0号」を使った全遊動仕掛けで、ハリは信頼の鬼掛「競魂チヌ/1号」でスタートします。

足元にマキエを数ハイ打ち込み、海の様子を伺ってみると、フグ、スズメダイ、ゼンゴと、かなりのエサ盗り達が出迎えてくれました。この状況から手前は諦め、中間距離から攻めてみる事にします。足元にエサ盗り用のマキエを打ち込み、15m程先に仕掛けを投入します。マキエを被せて仕掛けが馴染むと同時に、勢いよくウキが海中に引き込まれました!すかさずアワセを入れて巻き上げてみましたが、これはゼンゴでした…。同じポイントを数投打ち返しますが、やはりゼンゴが湧いている様子です。野尻君に状況を聞いてみると、やはりゼンゴに苦戦しているみたいです。そこで更に遠投し、30m程先に仕掛けを投入して流すと、ゆっくりウキが海中に引き込まれました。アワセるとズシッと良い重量感が手元に伝わり、ゆっくりかつ慎重に寄せます。心地良いチヌ特有の引き味を楽しみながら、無事に取り込んだのは40cm程の綺麗なチヌでした。

次の投入でも同じラインに仕掛けを投入して、メイタがヒットしました。どうやら30m程先まではエサ盗りのゼンゴが出てこれないみたいです。すぐに野尻君にその状況を伝えると、野尻君も遠投で40cm程の綺麗なチヌをヒットさせました。それからは25〜45cmまでを二人で飽きない程度に釣って、十分にチヌ釣りを楽しむことができました。そしてチヌに交じって、時折40cm級のヘダイが強烈な引きも楽しませてくれました。今年の国東半島周辺はヘダイがとても多い様な気がします。

国東半島はこれから秋チヌに向けてどんどん上向いてくると思われますので、皆さんも是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?満足できる1日になる事は間違いありませんよ。最後に、ここ最近、防波堤などでのゴミが非常に目立ってます。港近くの住民の方々も非常に困っておられるので、自分達が出したゴミは必ず持ち帰ってください。

チーム鬼掛大分支部/小原雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード