TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

山国川のチニング

2018年 9月 10日 11時頃

皆さんこんにちは。9月に入りようやく涼しくなってきましたね。そんな中、シーズン終盤となる河川のトップチニングへ行きました。場所はいつもの山国川(中津市と豊前市の境を流れる川)です。タックルは、前回と同じくチニングロッド7ftに2000番台のリール、0・6号のPEラインに3・5号のリーダーを組みます。ルアーはポッパーとペンシルベイトを使い分けます。

この日はチヌの活性を探るため、ポッパーからチョイスします。キャストして「ポコッ」、「ポコッ」と動かします。この時にできるだけ強くルアーにアクションを付けてあげると魚に効果的です。それを意識して釣りをしていると、ルアーの後ろに黒い影が見えます。正体は間違いなく本命のチヌです! ルアーを見切られないようアプローチを変えず、そのままバイトまで待ちます。すると「バコッ」と激しくバイトします!

しっかり口にくわえたのをロッドの感覚で確かめてフッキングします! フッキングが決まったら慎重にヤリトリ開始! 水深が浅いので底の石や貝殻などでラインを切られないように慎重に寄せてきます。死闘の末上がって来たのは、40㎝クラスの立派なチヌでした! すかさず写真撮影をしてリリースします。逃した後にゆっくりと、そして堂々と帰っていく姿を見ていると、改めて「チヌはカッコいい魚だな…」と思います。

再び同じようにポッパーで探っていきますが、チェイスはあるものの、なかなかバイトには至らなくなります。そこでポッパーからペンシルベイトにチェンジして、チヌの食い気を誘います。ロッドを繊細に動かしてドッグウォークで探っていきます。するとチェイスの数もポッパーに比べると多くなり、「これは期待ができる!」と思い丁寧に探っていくと「バコッ!」とペンシルベイトの後ろから激しくバイト! 一発目は乗らなかったので、そのままドッグウォークを続けると、再び「バコッ!」と激しくバイトします! 今度はしっかりルアーを持っていったので、がっちりフッキングをします! 先程より引きはそこまでなかったのですが、上げて見てみるとこれまた40㎝オーバーのチヌでした! 上げる際にフィッシュグリップを使用するとランディングがしやすくなりますよ。また、チヌは口周りが硬いため、ルアーのフックを外す際はプライヤーを使用すると、スムーズにハリ外しができます。2枚も釣れたので、満足してこの日は終了としました。

明けて翌日、この日もチヌを釣りたくて山国川に直行しまし(笑)。この日は先日と変わってベイトタックルで釣りをします。いつものようにポッパーとペンシルベイトを使い分けますが、この日はペンシルベイトが良いみたいで、立て続けにチェイスしてきます! そしてヒット! 小振りながらも綺麗なチヌが釣れました! チニング絶好釣ですね! こんなに釣れると「1年中チニングができればな〜」と思います(笑)。が、河川でのトップチニングはそろそろ終盤を迎えます。今年の夏も沢山の楽しいファイトを繰り広げれて、とても楽しかったです。また来年の夏に皆様にトップチニングの楽しさを伝えられれば良いなと、心より思っております。もう少し先まで釣れると思うので、皆様も是非チャレンジしてください!

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード