TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

国東半島小林港のチヌ釣り

2018年 8月 26日 16時頃

8月26日、大潮。今年の夏も猛暑日が続いています。8月には何度か早朝から竿出しをしていますが、どこの釣り場もエサ盗りが多く、暑さで集中できず、2時間程で退散しています。

そして本日も暑い中、早朝から竿出しです。釣り場は粟嶋公園から見下ろせる小林港です。左右二つの波止があり、海に向かって左側の波止から竿出しです。ここは水深は浅く、主にキス釣りのポイントです。チヌ釣りをする釣り人はほとんどいませんが、私は何度か竿出しをしています。良型は期待できませんが、エサ盗りも少なく釣り易い釣り場で、小型から中型までの数釣りが楽しめます。

本日のマキエは、沖アミ生1角にマルキユーの「チヌの道」、「チヌの宿」を各1袋入れて遠投が効くように硬めに仕上げます。ツケエは定番のマルキユー「くわせオキアミスーパーハード/L」に「高集魚レッド」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」をローテーションで狙います。そして仕掛けは、竿はがま磯「チヌ競技スペシャルⅢ/0・6号/5・3m」、リールは「BBーXハイパーホース/C3000DXSGライト」、道糸は1・5号、ハリスは1・25号、ウキは釣研「大征黒/3B」、水中ウキに同社「エッジ水中マイナス3B」、ハリはオーナーばりの「インホワイトチヌ/2号」です。

準備が終わり釣り開始です。ここは水深が浅いので最初から遠投で狙います。マキエ→仕掛けの投入を繰り返し、10分程して最初のアタリです。アワセを入れるとチヌの引きが伝わります。タモに収まったのは35㎝クラスとまずまずのサイズです。同じポイントにすぐ仕掛けを投入すると、またもウキがアタリを捉え、次は20㎝クラスです。その後も同サイズが連続して釣れます。国東は秋が近付くにつれ、このサイズが多くなります。サイズアップを狙いポイントを替え、数投後ウキが加速をつけ十分間合いをとってアワセを入れます。釣れたのは30㎝クラスです。マキエが効き出すと、ここでも小型サイズが連続して釣れます。

その後もポイントを替え、ツケエのローテーションをしたりで飽きない程度にヒットします。しかし引き潮になってからアタリもぽつぽつです。そんな中、午前10時過ぎ、本日最大の40㎝がヒットし、愛竿が綺麗な曲がりを見せてくれました。それからも小型ながらヒットし、暑さを忘れるほど楽しませてくれましたが、無理をせずに午前11時納竿です。秋本番になれば良型交じりで、数釣りを楽しめるようになります。皆さんも国東のチヌ釣りを楽しんでみてはどうですか?

豊後高田市臼野在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード