TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : crazy jetman

Residence : 豊後高田市

Club : 無所属

Pride : エギング、アジング

第1回 ブルーホーク タイラバ講習会 ダイワ/植田マスオ氏来県

2018年 7月 28日 15時頃

7月28日、大潮。遊漁船「ブルーホーク」主催による「タイラバ講習会」が大分沖の海上で開催され、7名のタイラバファンが講習& 実釣を行った。講師には、大分県出身でダイワの植田マスオ氏が来県! タイラバの極意などを伝授してもらい、楽しく賑やかな1日となった。

当日は、タイラバ初心者の参加もあり、どのような釣果が上がるかの不安もある中、まずは、植田氏からのレクチャー。「タイラバで一番重要なのは、底取りができるかどうか? 二枚潮などタフコンデションほど、底取りができるだけで釣果が数段アップします! そこで、『紅牙ベイラバーフリーTG/タイドブレイカーH』がオススメ。高比重のタングステン素材なので、これだけで底取りがかなり楽にできるようになります」とアドバイス。

通常のナマリ素材のヘッドを使用していた釣り人も、「高価だけど、やはり底取りが楽です。確実に底が取れる分、次のアクションに集中できるのもいいですね」とコメント。他にも誘いのテクニックなどのアドバイスをもらった参加者は、次々にマダイをヒットさせ、心配していた初心者もマダイをゲット。非常に有意義なタイラバ講習会となった。「今後も不定期に講習会を行う予定です。お時間あればぜひご参加ください」とは、「ブルーホーク」船長のコメント。いい講習会だ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード