TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : crazy jetman

Residence : 豊後高田市

Club : 無所属

Pride : エギング、アジング

7 月上旬のクロ釣り マルキユー「チヌ釣りフェア2018」

2018年 7月 8日 9時頃

7月8日、長潮。梅雨も明け、暑さも一段と厳しくなり始めたこの日、四浦半島の波止に梅雨グロを狙って出かけてみました。今回のマキエは細かく砕いた沖アミ生3角に、愛用しているマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」にパン粉2㎏の配合で、遠投が効くように丁寧に混ぜ込みました。仕掛けは竿が「がま磯インテッサG5/1/50」に道糸はサンラインの「グレ道/1・5号」、ハリスも同社の「スーパートルネード/1・5号」で、ハリはがまかつの「ファイングレ/4号」をセット。6mのロングハリスの中に、釣研の「エイジアマスターピース/01」を通し、ウキ止めを付けて開始します。

7月ということでクロやエサ盗りの活性が高いことが予想されるため、2ヒロより上のタナを意識して釣りを開始します。この日は連日の大雨の影響からか海の色が悪く、マキエを打ってもエサ盗りさえ見えません。おまけにウキが30㎝ほど沈むと全く見えなくなるほどの視界の悪さです。悪い予感がしながらも、とりあえず10mほど先に狙いを定め仕掛けを投入します。すると、その2投目、釣研「エイジアマスターピース/01」が気持ち良く沈んでいきます! すかさずアワセを入れると、いきなり30㎝オーバーのクロが釣れました! 意外なことに濁りの中でもクロの活性は高いようです。

その後も、手の平から足の裏サイズのクロがコンスタントに釣れます。さらにマキエを打ち続けると、海面に波紋を起こすほど活性が上がって来ました。しかし、アタリなくツケエが盗られることが多くなってしまったため、ウキ下を矢引程に変更します。すると、再び足の裏サイズのクロがアタって来るようになりました。そこで、サイズアップを狙ってみることにします。クロの動きをよく観察すると、マキエ投入後すぐに遊泳力の強い良型グロが反応し、その後に小振りなクロが数多く集まって来ているようでした。そこで、マキエと仕掛けのインターバルを縮めて投入してみます。しかし、中々サイズアップが出来ません。この方法では、型の良いクロにタイミングが合っていないようです。

そこで、後打ちマキエに変更です。仕掛けを投入し、すぐにマキエを打つとピンポイントで同調した時だけ高確率で30㎝オーバーのクロが食うようになりました! どうやら後打ちマキエが有効なようです。さらに、左右・遠近と3ヶ所程ポイントを作り、同じところにコッパグロやエサ盗りが集まらないようローテーションすることで、コンスタントに30㎝オーバーが食ってくるようになったのです。

この方法で、クロの数釣りを楽しんでいると、満ち潮になり段々と海の濁りが取れてきました。すべての濁りが取れ「いつもの色に戻ったかな?」と思い始めた時…、後打ちマキエを打って6秒ほどで強烈なアタリです! 今までにない重量感で何度も潜られそうになりながらも、やっとタモに収まったのは、本日最大の44㎝のクロでした! やっとの40㎝オーバーに感激です!同様に日暮れまでキーパーサイズから35㎝までのクロの数釣りを楽しみ、納竿としました。今年は梅雨グロが遅れているようで、まだまだ良型が釣れているようですよ! ぜひ皆さんも暑さ対策を万全にして、釣行に出かけてみてはいかがでしょうか。

7月22日、長潮。
マルキユーの「チヌ釣りフェアー2018」に参加してきました! 毎年参加させて頂いているこの大会ですが、今年は100名弱の参加人数で、坂ノ市一文字にずらりと並ぶため、規定枚数の2枚を揃えるのが難しい、でも面白い大会です。今回のマキエは細かく砕いた沖アミ生2角にマルキユーの「チヌパワー激重」、「ナンバー湾チヌⅡ」、「チヌベスト」を加えて粘りが出るように混ぜ込みます。仕掛けは竿が「がま磯枯冴軟調/530」に道糸はサンラインの「磯スペシャルテクニシャンネオ/1・5号」、ハリスも同社の「スーパートルネード/1・2号」で、ハリはがまかつ「掛りすぎチヌ/2号」をセット。ウキは釣研の「プログレスチヌ/S4」を道糸に通し、ハリスは竿1本ほどで真ん中少し下ににG5のガン玉を打ちました。

この日は、坂ノ市一文字特有の二枚潮は強くなく、釣り易い状況のようです。釣り始めはチヌを寄せるため、多めのマキエを打ち、アピール力の高いネリエ、マルキユー「エサ持ちイエロー」や、集魚力の高い「高集魚レッド」のツケエを使用します。しばらく釣っていきますが、中々魚の反応がありません。時折、遠近と変化を付け、何とかチヌに口を使わせようと試みますが、うまくいきません。

打開策が見つからないまま、2時間ほど時間が過ぎていきます。すると、潮が全体的に本命潮である佐賀関方向へ流れ出しました! その途端にキンクが入ります! すぐさま仕掛けを打ち返し、アタリが取りやすいように丁寧にラインメンディングを行っていると、わずかな違和感が道糸から伝わってきました! すぐにはアワセずに、じっと待つこと30秒…、やっと糸が伸びるアタリです!ゆっくりとヤリトリを楽しみながら上がってきたのは、40㎝に迫るチヌです!

その後も、同じような潮が流れた時にもう1枚を追加し、納竿時間となりました。このような大勢の大会に参加させて頂くと、釣りが出来るのと同時に様々な方とお話しすることが出来るので、とても貴重な経験ができますね。今年の坂ノ市一文字もポツポツとチヌがアタってきているようです。ぜひ皆さんも都会の名礁に出かけてみてはいかがでしょうか?

T・CLUB /藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード