TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見流れバエの梅雨グロ

2018年 6月 17日 15時頃

6月17日、中潮。九州各地が梅雨入りし、そろそろ大分県南もクロが釣れ出すのではないかと思い、かなり久しぶりにクロ狙いで鶴見の方に釣行してきました。釣行前に天気予報見てみると、台風6号が発生していたので船が出るか心配でしたが、何とか無事に出船することができました。

今回お世話になったのは「速見丸」の午前7時の便です。船長から「流れバエが空いてるよー」という情報をもらったので、迷わずそこに上礁します。同行したのは、いつもチーム鬼掛でお世話になっている村中さんと高橋さんです。すでに陽が昇っていたので、すかさず準備を開始します。

本日用意したマキエは、沖アミ生4角にいつも愛用しているマルキユーの「グレパワーV9」、「超遠投グレ」、「遠投フカセTR」、「グレベスト」、ツケエは「くわせオキアミスペシャル/M」を使用しました。仕掛けの方は、操作性が良くお気に入りのソルブレのウキ「リミットM/μ/0号」に、道糸はサンライン「磯スペシャルビジブルマーキー/1・5号」、ハリスは同社「コング/1・5号」を2ヒロ取り、浅層からゆっくりと探ってみようと思い、ハリは鬼掛「極軽グレ/5号」にしました。準備が整い、いざ釣り開始です。

私は灯台の前辺りに釣り座を構え、足元にマキエを打ってみると、たくさんのスズメダイやネンブツダイがいます。潮は緩やかに鶴見大島の方へ流れており、約10m先の潮目が右から左に良い感じに流れていたので、まずはその周辺の浅ダナから探ってみることにします。すると隣で竿出ししている高橋さんのバシッとアワセる音が聞こえ、竿を大きく曲げています!瀬際の突っ込み耐えて無事タモに収めたのは、いきなり35cm級の良型グロでした。高橋さんはパターン掴んだようで、30〜35cm級のクロをポツポツと掛けていきます。私も久しぶりにクロを掛けたいと思い、浅ダナで粘ってみることにしました。するとウキが海面からスパッと消え、手元の道糸がバチバチっと出て行きます!すかさずにアワセを入れると、瀬際にグングンと突っ込まれましたがこれに耐え、無事タモ入れ出来たのは35cm級のクロでした。久しぶりにクロとのヤリトリを堪能でき、嬉しい1枚となりました。

その後、同じように浅ダナを中心に狙ってみると、ポツポツと25〜35cm級のクロを釣ることができました。しかし潮が満潮に近づくにつれ、今まで盗られていたツケエが残って返ってくるようになります。少しタナが深くなったのかなと思い、ハリスにガン玉を付けて狙ってみるものの、このタナで釣れるのはバリ、バリ、バリと、バリばかりでした。そうして釣っているうちに、納竿の時間を迎えてしまいました。

今回は40cmオーバーのクロには出会えませんでしたが、久しぶりにクロを釣ることができたので、その点では満足できる釣行となりました。これから鶴見の方のクロは上向く一方だと思いますので、皆さんも釣行されてみてはいかがでしょうか?

チーム鬼掛大分支部/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード