TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

日田三隈川支流アユの状況は?

2018年 5月 20日 15時頃

5月20日の三隈川一帯のアユ釣りが解禁されて1ヶ月が経ちました。今年は例年と違い、花月川・大肥川がまったく釣りができる状態ではありません。地元釣り師はもとより、各地からおこしの鮎師の皆さんも、三隈川本流や支流に入って奮闘しているようです。筆者もまだまだアユ釣り3年目、本流に立ち込んでの釣りは上手くできませんので、支流に入ってのんびり釣っているというのが現状です。

ということで6月中旬、ある支流に行ってみました。アユの存在を確認しながら、次回のポイント選びですから今日は竿は持ってきてはいません。ゆっくりと各ポイントを見て回っていると、Y師匠の車を発見。どこにいるのかは分かりません。見回していると竿が見えたので、すぐさま川に降りて様子見すると、結構な釣果が出ているようです。引き舟の中をタモに出して見せてもらうと、明らかに20尾以上の綺麗なアユが釣れています。囮缶の方もかなり入っているようです。凄い! さすがの腕前です!

Y師匠は極狭いポイントを7・3mの竿で釣っていました。9mでは長すぎます。と言うのもここは、背丈に近い雑草(ヨシ)が生えていますので、トラブルが多くなるから短い竿の方が良いのです。この仕掛けで小さな瀬に居ついているアユを丁寧に探りながら好釣果を上げていました。しばし指導を受け、その日は解散しました。

翌々日の休み、囮アユを買い込みいざ出陣。先日の支流に入ってみました。筆者は9mのアユ竿をインターライン仕様に改造しています。長さは8mぐらいになっています。早々にいつもの自分のポイントに入ってみました。事前に橋上から覗いていましたが、数尾のアユが確認出来ていましたので、期待が持てます。

セットした囮アユを、見えていたピンポイントに投入。すぐにアタリが出るかと期待しましたが、なかなか出ません。徐々に上流に登っていきますがアタリが出ず、このポイントの一番上流まで行ったところでアタリが出ました。軽く引き抜き18㎝サイズを無事ゲット。続けて2尾目もゲットできました。ゆっくりと元の位置まで探りながら下りましたが、その後はアタリなし。ポイントの移動を開始しました。

次のポイントに到着しましたが、意外に囮アユが疲れています。何が原因かは分かりませんが、わずかな時間でかなりの疲れです。困った、市内まで再度購入に行かなければ行けないか? と思いましたが、「ひょっとしてY師匠が付近にいないか?」と思い、すぐに電話を入れてみます。なんと1㎞ぐらい離れた所で竿出ししているようで、「囮アユを何匹がもらえないか?」と尋ねると、快諾してくれたので早々に合流しました。ついでに釣果を見せてもらうと、今日も絶好釣といった感じでかなりの数を釣っています。今日はヤマメも掛かったようで、それも見せてもらうと30㎝ぐらいの良型でした。元気の良い囮アユとして3尾ほどもらい、邪魔にならないように少し離れたポイントに陣取りました。さすがに釣りたてのアユ、元気が良いです。狙いを定めて投入し期待しつつ、いくつかの瀬を攻めていると、キラッと反転が見えました! 竿の重量感が違います! 囮アユと同サイズのアユが暴れているようです。水面まで浮かせて引き抜きの準備に入りましたが、アレ? なんと痛恨のバラシ! 掛かりが浅かったのか? 掛かりどころが悪かったのか? どちらにしても残念です。

気合を入れ直し再度同じ瀬に入れてみますが、警戒されてもうここではアタリはありませんでした。ということで、すぐに横の瀬に入れてみます。案の定入れた途端にアタリが出ました。アユ釣りはこんなものです。浮かせてみると今度はバッチリ、背に掛かっています! これは理想的な掛かりで、背に掛かっているとダメージが少なく、次の囮アユにする場合も元気が良いのです。静かに引き抜き無事ゲット!18㎝ぐらいです。

その後は下流に下りながら細かく瀬を攻めます。川幅は極狭く、1〜2mの円形ぐらいの瀬ばっかりですが、小さな瀬に1尾ずつ陣取っているように思えます。同じピンポイントで2尾は、なぜか釣れません(笑)。しかし、とにかく足場が悪い(笑)。川原などありませんので、背丈ほどのヨシをかき分けながら進みます。長い竿では移動の時に頭上の枝に当たったり、引き抜き時に枝に当たったりと、とにかく条件の悪い所です。逆に他の鮎師も入り難いようですから、アユも多数居るようです。少しずつ下流に向かいながら丁寧に瀬を攻めます。こんな小さくて浅い(膝下や足首程度)瀬と思われる、意外な瀬に居ついています。ただ囮アユの投入にも苦労しますが、なんとか数尾ゲットすることが出来ました。

とにかく疲れます(笑)。2時間程度竿出ししたところで納竿としました。帰路の途中、Y師匠はまだ頑張っていました。おそらくかなりの釣果でしょう。挨拶を交わして直帰。自宅で数を確認すると、持ち帰りは11尾。購入の囮アユともらったアユを差し引きして、本日の釣果は21㎝を筆頭に6尾とまずまずの釣果でした。いつもの塩焼き、アユのナメロウでいただきました。とても美味です。

6月15日以降から組合員の方々が、網を使っての漁が始まります。トラブルのないようにしましょう。毎回のようですが遊漁券を購入して下さい。年間1万円です。今後は大水が出ると川の掃除にもなるし、昇れない瀬も昇れるようになったりしますので、また条件が変わってくるでしょう。日に日にサイズもアップしてくると思います。

一方、夕まずめのハエ釣りですが、遠投カガシラ毛バリも順調に釣れています。1時間程度で10匹から20匹ぐらいで、時期的に腹パンパンの良型ハエがガンガンアタってきます。日が沈んでからが時合いです。

日田市在住/波止釣り道楽(三苫章)・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード