TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

姫島のチヌ釣り

2018年 6月 17日 0時頃

6月17日、中潮。梅雨も中休みなのか、最近は天気の良い日が続いているので、週末に永元さん、谷口さん、仲野君と姫島へ釣行して来ました。伊美港を朝6時20分発の1便に皆で乗り、海を眺めながら姫島を目指します。姫島に着いてキャリーに乗せた重たい荷物を引っ張りながら、フェリー乗り場横にある波止場へと向かいました。徒歩で10分といったところです。

釣り場に着いてすぐに皆で釣りを開始! しかし、いつも釣っているテトラ側は真っ正面からの風が強く、かなり釣り難い状況でした(涙)。そこで皆で話し合って、対岸の波止場へと移動しようということになりましたが、かなり歩かないといけなくなるので、とりあえずテトラ裏側のフェリーが通る方へと、釣り座を変えて釣りを再開することにします。

この場所は手前は浅くフェリーが通る30 m先はカケアガリになって深くなってるみたいだったので、「黒魂アクセル/ 00 号」にガン玉G5を付け、ハリスを3ピロ取り、ヤイバ「閃刀チヌミドル/2号(オキアミカラー)」で仕掛けを組みました。カケアガリの先に数投投げて仕掛けを回収した時、ハリの塗装が剥げてたので、エサ盗りにキタマクラがいるのだなと思い、今まで沖アミにしていたツケエをマルキユー「エサ持ちイエロー」に替えて釣ってみます。数投して待ってると、ラインがゆっくり引かれたので、アワセを入れます! この日のファーストヒットとなる待望のアタリです! 姫島のチヌは引きが良く、手前に来てもなかなか浮いてきません。ようやくタモに収まったのは40cmの良型チヌでした。

それから数投しても、エサ盗りが多くてツケエが持たないので、「エサ持ちイエロー」と「アピールホワイト」を半々に混ぜて、硬めのネリエを作ります。最初に釣れたチヌは底ダナだったので、ウキの真上にガン玉の2Bを付けてウキごと一気に沈める仕掛けに変更しました。そうすると、その組み合わせが良かったのか、11時の満潮までに良型チヌを10枚釣ることができました。隣で釣ってた仲野君と永元さんも同様に、底のダナで良型チヌを釣っていました。

干潮に入り、頻発していたチヌのアタリがピタリと止まり、寂しい時間が経過していきます。それでも諦めずに釣り続けてると、久しぶりにラインにアタリがあり、釣り上げるとこの日1番の42cmのチヌでした。その後すぐ横で釣ってた谷口さんにもアタリがあり、そちらも40cmクラスのチヌでした。

この日は、全員安打でチヌの型も揃っていたので、楽しい釣行となりました。この釣り場はフェリーや漁船が通るので、船が来た時には早めに仕掛けを回収し、邪魔にならないようにしましょう。今回も姫島のチヌの魚影には驚きでした。

チームヤイバ九州大分支部/クラブキザクラ大分/九州真ぐれ会/岡野智治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード