TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

好感触オナガとイサキ

2018年 6月 15日 16時頃

6月15日、大潮。台風6号が接近しつつあったこの日、本誌スーパーアドバイザーの首藤さんから、「久しぶりにクロ釣りが楽しくできました!」との一報が入った。梅雨入りしたはいいが、本来の梅雨グロらしい釣果が散発的だっただけに、いよいよクロ釣りが本格化しつつあるのかと思えば、「磯際はコッパグロとスズメダイオンリー。沖目を狙ってオナガがバチバチ!」と聞けば聞くほど梅雨を通り越して夏磯に近いようなイメージ。当日の状況を詳しく伺った。

首藤さんの話…久しぶりに米水津から「功明丸」に乗り込み、沖の黒島「長ミゾ」へ上礁しました。船長の話では、「釣れるけど数が出ない」とのことでしたが、磯に上がると海の気配も良く、釣れるのでは? といそいそと仕掛けを準備しました。予定通り、磯際では、コッパグロとスズメダイがわんさかいるので、これからの時期の定番である沖へ仕掛けを投入。全遊動仕掛けで、ノーガン(ガン玉なし)で浅ダナを狙う作戦です。思ったとおり、いきなりバチバチのアタリがあり、40㎝弱のオナガをゲット。不思議と矢引きほどの超浅ダナでは、60㎝級のイズスミがアタってきます(笑)。よって、マキエとツケエの位置やタイミングをズラすことで、イズスミを避わし、タナ1〜2ヒロほどをゆっくり探るのがコツです。一発、とんでもない引きで、バラしてしまったアタリ(おそらくオナガ)がありました。

台風5号が通過し、ウネリで多少かき混ぜてくれたのか、いままで感じていた上下の水温差も若干解消され、磯の雰囲気は確実に良くなっています。実は、磯に上がる前に船長に「イサキが釣りたい」と言ったら、「釣れても1〜2匹程度なら釣れるのでは?」と芳しくない情報をもらっていました。試しとばかりに、ノーガンの仕掛けにジンタンを2つほど追加して、今までよりも深ダナへ仕掛けを入れると、30〜35㎝クラスのイサキが5匹の釣果。こちらも確実に状況は良くなっていると思います。全体的には1ヶ月ほど遅れている感じがしますが、これからクロ(オナガ)、イサキともに釣れ始めるのでは?

久しぶりに嬉しいニュースに心がワクワクしてきた情報。そこで、首藤さんにオナガ釣りへのアドバイスを伺うと、「基本的には昔と全く変わっていません。ちょっとだけ沖目に仕掛けを入れて、仕掛けをあまり深く入れ過ぎないこと。それからマキエはパラパラが基本」とのアドバイス。

近年、マキエとの同調を意識するあまり(もしかするとチヌ釣りと同じ撒き方なのか)、夏場でもマキエをバラケさせず、塊の状態で打ち込む釣り人が多いと聞くが、夏場のクロ釣り、特にオナガ狙いの場合はこれは厳禁。オナガのアタリがある潮筋に乗せるようにマキエをバラケさせ、広範囲にクロが浮き上がるように演出する方がアタリが続くのだ。超遠投で狙う場合のみ、マキエの塊を6〜10パイほど打ち込むが、これは塊でないと飛ばせないための苦肉の策である。チヌ釣りと同じようなマキエの打ち方では、アタリが有っても単発で終わってしまう。数釣りを楽しむならマキエはバラけさせることを念頭に置いて狙いたい。

また、遠投になければなるほどウキから下の仕掛けが入らなくなるはず。そこで、マイナス浮力のウキを使用してウキ毎仕掛けを沈めることになるが、今度は仕掛けの入る速度が重要になる。手っ取り早く速度を変化させるにはガン玉の有無で調節するのだが、首藤さんからもアドバイスがあったように、オナガ釣りの基本はノーガンとなる。そこで、仕掛けの入りを調整するために、ハリの号数や種類を変化させることで対応することをオススメしたい。上記の図は、ダイワの「D・MАXグレSS」の3タイプのハリ形状をまとめたもの。ハリの形状や軸の太さによってそれぞれ重量も異なり、自ずと沈下速度も変わってくる。やっかいなことに、矢引きのタナでは大型のイスズミの回遊も見られるので、ハリに適度な重量をもらせられる「マルチ」などを使って様子見し、状況に合わせて、種類や号数に変化を付けたい。

おそらくこの号が発売される頃には、台風6号のウネリもとれ、梅雨グロシーズンのハシリといった状況になっていると予測。エサ盗りを避わして、いかに良型を獲るか…。非常にゲーム性の高いシーズンだけに、仕掛けやマキエの工夫が問われることになりそうだ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード