TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分市内〜佐賀関方面へ梅雨アジ狙い

2018年 6月 4日 11時頃

6月4日、中潮。最近、雨の日が多くなりましたね。梅雨入りですね。梅雨になると活性が上がり釣れる魚も多くなるから、私的には好きな季節でもあります。ザーッと降る雨ではなく、しとしと降る雨が良いですね。今回は、梅雨アジを狙ってみたいと思います。

●大分市内の湾内ポイント

足場の良い湾内ポイントです。昼間はファミリーフィッシングで賑わうポイントです。昼のマキエが効いているのか、夜もアジが居着いてるポイントです。早速、準備してキャストしてみます。キャスト→ボトム着底→トゥイッチ→フォールでプルッっと反応が。上手くアワセが決まり、リー ルを巻くと軽いですが、アジ独特の引きです。釣れたのはゼンゴサイズですが、本命が釣れて嬉しいです。本日のタックルは、感度重視の固いロッドを使用しています。ラインも感度重視でPEを使用しています。最近はエステル等のモノフィラメントが主流ですが、私はPEが好きなので使い続けています。風が強かろうが、ずっとPEです。まあ、下手くそなんでエステルラインを使いこなせないってのが本当の理由なんですがね(笑)。ここで何匹か釣ってアタリが遠退いたのでランガン。

●大分市内の外海側ポイント

潮通しが良く釣れそうな感じがプンプンします。良型が釣れることを期待してキャストしてみます。キャスト→ボトム着底→トゥィッチ→フォールでプルッ! やはり、ここも前ポイントと同じくボトム付近でアタリがあります。今日は、ボトムが良いのかな? 活性が高い時は、表層中層で食ってくるんですがね。ボトムの釣りってのも面白いです。活性が高く表層中層で釣れる時でも、ボトムまで落とすことで良型が釣れることがあります。ボトムには、良型が居る! まあ、ボトムまで落とさなくても表層でライズしてて、着水と同時に良型が釣れる時もありますがね。そんな場面は、年に何回かしか巡り合えないです。ここでも何匹か釣ったのでランガン。

●佐賀関マイポイント

潮通しが良く常夜灯があり、アジングの教科書に出てきそうなポイントです。ここで釣れなきゃ諦めて帰るポイントです。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッです。このポイントは、深いのでボトムに落とす前に食って来ます。逆にボトムに落としても食わないんですよね。ポイントによっては、ボトムでも食う食わないってのがあります。先程は、ボトムに良型が居るって書いたのに(笑)。絶対釣れるワームや絶対釣れるアクションが無いってのが、アジングにハマる魅力の一つなんでしょうがね。

再びキャストしてみます。常夜灯周りでは、小さなゼンゴが釣れます。良型を狙う時は、常夜灯の光の当たらないポイントまでキャストしてみる。そうすると明暗の境目で良型が釣れる場合があります。今回もそのパターンでゼンゴサイズじゃない小アジが釣れました。まあ、絶対釣れるとは限らないですがね。そんなこんなで、今回も楽しく釣りが出来ました。

●釣り場大分市内〜佐賀関
●釣果アジ(ゼンゴ〜小アジ)
●感想…これから梅雨アジ本番です。雨がしとしと降って憂鬱な季節ですが、レインコート着て釣りに出かけたら、良型アジが大漁で気分爽快になるかもです。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード