TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ロックフィッシュにロックオン!

2018年 6月 12日 20時頃

皆さんこんにちは。今回は「ロックフィッシュ」を狙いに、県南へ行ってきました。ロックフィッシュと言っても、特にハタ系が前から釣りたいと思っていて、ハタが釣れる時期になるのを待っていました。6月に入ったので「もうそろそろ釣れるのではないか?」と思い、道具を揃えて初チャレンジを試みました。

この日は晴天で雲ひとつもなく、良い天気に恵まれました。ポイント選択は、グーグルマップの航空写真を見たり、車を走らせながら気になるところで車を降りて、直接目で見て探しました。「ここは良さそうやな」って思うポイントで竿を出してみることにします。

そこはテトラ帯だったので、シューズやフローティングベストなどの装備をしっかりして降りていきます。いかにも出そうなポイントだったので、ワクワクしながらキャスト。目の前に2つ根があって藻が多く、その根と根の間の溝を狙いました。ここで使用したリグは、テキサスリグです。テキサスリグとは、リーダにバレットシンカーという中通しのオモリを通し、その下にオフセットフックというフックを結んでワームを付けるリグのことです。テキサスリグで根と根の間のブレイク(カケアガリ)を丁寧に探っていきます。誘い方はボトムをとって、そこからリフト&フォールをしていきます。私の場合、ロッドを9時に構え、そこから11〜12時くらいまでの角度で竿を立ててフォールさせます。

この誘い方をしていると、藻と藻の間、根から少し離れたところで「コツコツ、コツコツッ」っと竿先にアタリが出ます。しかし、バイトまでいたりません。ピックアップ(ルアーを回収)して、ワームがズレていないかチェックをして、再度キャストします。この時に必ずワームをチェックして、傷ついたりしていないかをチェックするのが、非常に大事になってきます。

今度は、左にある根に向かってキャスト。ボトムをとり、そこから同じようにリフト&フォールで誘っていきます。そうしたら、リフト中にまた「コツコツ、コツコツッ」とアタリが出ました! 今度はアタリが来てもすぐにはフッキングせず、「グッ」と竿先が入るまで待ちます。こうした方が、慌ててアワセを入れるよりもフッキング率が上がるのです。

そして「グッ」と竿先が入ったところでフッキングをしたら、予定通りバイトします。根や藻などに潜られないように、多少強引に巻いてきます。今回は上手く根や藻を避わして上がって来たのが、目測25㎝はあるホゴでした。ホゴにしては良く引いてくれました。これは写真を撮って持ち帰ることにしました。

それからもキャストし続けますが、ショートバイトばかりで掛からないので、ポイントを移動します。「ここは出そうな雰囲気があるなぁ」と思うポイントを何度か打っていきますが、ここでもアタリはあるものの釣り上げるまでには行かないので、帰宅することにしました。でも、とても楽しい1日になりました。今回は、釣果が少し寂しい記事になりましたが、来月の記事ではハタを持った私の写真を撮って載せますね! 来月のつり太郎をお楽しみに!

戸河 光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード