TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

アジの引きと美味に魅せられて

2018年 5月 19日 14時頃

5月19日、中潮。皆さん、釣れていますか? 私の方はアジ釣りに夢中になっており、臼杵・津久見と釣行を重ねていますが、中々30㎝オーバーのアジは釣れません。そんな中、釣友の甲斐氏より、日ムラはあるが県南の方で30〜40㎝までのアジが上がっているという情報をもらい、釣行に同行させてもらうことにした。

大分市を午前1時に出発し、釣り場への到着が3時前となった。早速準備してきた沖アミ生とジャンボ各1角を、マルキユーの集魚剤「グレパワーV9徳用」と「ムギパワーチヌスペシャル」に混ぜ合わせて、10m程のポイントに十数ハイ打ちます。釣研「波止スティック/5B」にウミホタルを装着し、ハリスは「ジョイナープレミアム/1・5号」にして、誘いを入れてもエサズレしないオーナーばり「沖アミチヌ/3号」を結んだ。ツケエの方はマルキユー「くわせオキアミスペシャル/L」と沖アミ生を準備。タナの方は7・5〜8mにセットし、満ちの2分位から「くわせオキアミ」をツケエにして釣り開始。

30分程してマキエ効果が出てきたのか、25㎝前後のアジがポツリポツリと上がり出した。時合いは午前5〜6時と聞いているので、その時にトラブルの無いように釣っていると、一気にウキを消し込むアタリがあり、ブルブルとしながら丸々とした27㎝アジが上がって来た。続いて少しサイズアップした強烈な引きをして良型アジが上がったので、クーラーに貼ったメジャーに当てると28㎝もあった。

その後夜明けを迎え、5時の時合いになったが、アタリはあるものの25〜28㎝までが多く、30㎝オーバーは中々上がらない。それでもタナが深いので、良く引きを楽しませてくれていた。そして次の瞬間、「スー」とウキが消えるアタリがあり、大アワセするとグーンと竿が大きく曲がった! 少し道糸を出して対応する程のサイズがヒットし、しばらくしてタモに収まったのは、32㎝の良型アジ! 引きからすれば、もう少し大きいかとも思ったので残念だったが、念願の30㎝オーバーが釣れて一安心。

それから時合いも過ぎたので甲斐氏の所に行ってみると、30〜35㎝級を4匹も上げていた。仕掛けを見せてもらうと、ハリスは1・2号、ハリはグレバリ4号とのこと。ツケエは明るくなってからは沖アミ生のSサイズで釣っており、1投毎にアタリがあって、アワセも竿先に来るまで待っての「飲ませ込み」で釣っていた。更に私の見ている前で強烈なアタリがあり、ヤリトリの後でタモに収まったのは、この日最大の40㎝の大型アジでビックリ!その後、私もハリスとハリを落としてみたが、23〜27㎝を8匹追加した午前11時頃に納竿。20匹以上をクーラーに入れ、アジの引きも堪能することができたので満足しているところである。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード