TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宇島港 沖波止2番でチヌ釣り

2018年 4月 1日 0時頃

年末年始から仕事が忙しく思うように釣行できないでいましたが、ようやく仕事も落ち着いて来たので、近場の宇島港に仲野君と行って来ました。今回は、もう何年も行ってない「沖波止2番」に渡りました。船長さん情報では、釣れる日と釣れない日の日ムラが激しいと言ってましたが、久しぶりの宇島港なので、なんとか釣りたいと意気込み、私達と他のお客さん4人で渡りました。私達は外海で、他のお客さんは内海での竿出しです。私は外海での釣りは初めてだったので、きっちり底を取り、探りながらの半遊動。仲野君は全遊動で釣り始めました。潮の流れは右側へとゆっくり流れてる状態で、マキエを打ち込みチヌのアタリを待ちますが、なかなか釣れません(涙)。

そうこうしていると内側で釣っていた釣り人が、次々にメイタを釣り上げているではありませんか(汗)。羨ましいそうに見ていると、やっと自分のウキが水面から少し入りました。しかし、そこからウキが中々動きません。気長に待ってると、さらに少しだけモゾモゾっと入ったので、ここでアワセを入れると、0号の竿が大きく曲がりました! 結構な引きでヤリトリを楽しませてくれたのは、36㎝のメイタでした。久しぶりの魚の引きに感動です(笑)。

次にアタリがあったのは、それから10分後。またも良い引きで、38㎝のメイタでした。さらに仲野君も今日初卸しの竿を大きく曲げています! こちらも同じぐらいのメイタでした。それからはアタリが全く無くなったので、2人で内側へと移動しました。移動して数投で、自分のウキが一気に入りました! 十分ヤリトリを楽しみ、上がって来たのは30㎝のメイタでした。

仲野君も次々にメイタを釣り上げ、結果2人で20枚近くのメイタを仕留めたところで、納竿としました。今回は外海では型が良く、内海では数が釣れるといった感じでした。毎年この時期はあまり宇島には行かないのですが、まだまだ宇島のメイタの数釣りは楽しめそうですよ!

チームヤイバ九州大分支部/クラブキザクラ大分/九州真ぐれ会/岡野智治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード