TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

上浦にてアジ爆釣!

2018年 3月 15日 13時頃

3月15日、中潮。春近し、南風に爆風と天気の移り変わりが激しい中、良型のアジがボチボチと釣れていますとの情報が入り、上浦まで足を延ばし妻と二人、「アジ狙い」で出掛けてみた。

現地に到着したのが12時前で、外側の空いた所に釣り座を構えた。さっそく準備してきた沖アミ生とジャンボアミ各1角にマルキユーの集魚剤「爆寄せグレ」と「グレパワーV9徳用」を混ぜ合わせた。ツケエは「くわせオキアミスペシャル」のMとLサイズを準備した。仕掛けの方は、釣研の棒ウキ「ハイパーBM」に、ハリスが「ジョイナープレミアム/1号」、ハリはオーナーばり「沖アミチヌWケン付き/1号」を結ぶ。この時期のアジ釣りに重要な「タナ取り」を行うと、12mと深く、ツケエが底から30㎝以内に推移するようにセットする。

釣り開始は、引きの8分の12時からである。マキエの方は仕掛け作り前から打っているが、ウキが馴染んだ所で更に4〜5ハイ打つ。少し右流れの潮の中、誘いを入れながら流していると、1投目から「スー」とウキが海中へ消し込んだ所で「来た!」と大きくアワセ! なんといきなり28㎝の良型アジが上がって来た。続いて妻にもアタリがあり、同型を連続ヒット! マキエが効いて来たのか20 ㎝級のアジに変わった所で、マキエを2ハイへ減らし、ツケエもLサイズとMサイズをローテーションしながら釣って行く。

13時過ぎからの満ち込みからアタリが頻繁にあるものの、逆にヒット率が落ちたので、タナの調整やマキエの打つ位置等を試行錯誤しながら釣って行く。アタリは千差万別で、アジ釣りの難しさを思い知らされる中、「誘い」を多く入れることによってアジの食うタナを知り、14〜15時の満ちの3分位からはアジが入れ食いへ。型の方も18〜20㎝が6割ほどアタリ、時折30〜32㎝の良型も交じるようになった。このサイズになると口切れするのが惜しいので、タモで掬うことも増えた。

さらにこの日はカマスも入って来たのか、他の釣り人の竿もよく曲がっており、常連の方も多く賑わってきた。時折、「アジが良く釣れていますね」とマキエや仕掛けを聞いてくる方もおられた。

こんな調子で17時まで頑張ってアジの引きを堪能し、この時期のマキエと仕掛けの重要性を再確認。アジを多く釣るには、まずは集魚力の高いマキエを打つこと。例えば今回の私のようにジャンボアミを入れたら、クロ用の集魚剤を混ぜるとかの工夫が必要だと思う。また、定期的な「タナ取り」がかなり重要であるので忘れ無く行うこと。これを実施した結果、今回私は18〜32㎝のアジを75匹も釣ることができた。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード