TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津45cmを頭にクロの数釣り

2018年 1月 19日 15時頃

1月19日、中潮。米水津に釣行してきました。今回も米水津釣行の際にいつもお世話になる「功明丸」さんの朝5時便に乗り込み、沖磯を目指します。狙うは今が旬の釣って良し、食べて良しの寒グロです。船長から「沖黒見てみようか?」と言われ、「平日だし空いていると良いな〜」と心の中で思っていましたが、そうは甘くなかったみたいで人気の沖黒は満員御礼!で、上がり場がありません。横島方面を見てみるものの、こちらも空いていません。船はそのまま半島側へ向かい、「ワニの2番」に瀬着けしました。磯に上がる前に偶然にも前日、この場所に上がった方がおられ「昨日はそこそこ釣れたよ!だけどアタリは渋いよ〜!頑張って!」とのお言葉を貰い、期待して磯に上がりました。

午前7時頃、ようやく辺りが明るくなって来たので、準備に取り掛かります。竿は少ない小遣いを貯めて買ったばかりのがまかつ「マスターモデルⅡ口太/M50」、ラインは東レ「スーパーストロングネオ/1・5号」を通し、ハリスはしなやかで食い込みが良い「スーパーL・EXハイパー/1・5号」を使用。風が強かったので、いつもより少し長めの8m程取り、これに安定した飛行姿勢で狙いのポイントに飛んでくれる釣研「エイジアマスターピース/02」を通します。上から下までゆっくりと探っていけるようにしました。

開始してしばらくは、マキエが自分に掛かるぐらいの爆風で、潮は強烈な当て潮。投げた仕掛けはすぐに際に寄ってきます。仕方なく際に潮が当たってできる払い出し付近を中心に手前を狙っていましたが、1投毎にツケエが盗られ全く残りません。目を凝らして海の中を見てみると、米水津名物のキタマクラの大群がマキエに群がっています。

途中から風が息をしだしたので、その合間を狙って遠投気味で右手に出来ているサラシに馴染ませていくと、30㎝程の口太が釣れました。その後、同じ場所を狙っていると仕掛けがかなり入った所でラインを張って待っていると、わずかなアタリがありアワセ!かなりの重量感が手元に伝わってきました!数回糸を出されましたが、何とか耐えていると徐々に魚が寄ってきました。しかし足元から階段状に瀬が出ているので、ゴリゴリとラインが擦れる感覚が…。瀬にラインが触れないよう限界まで前に出て腕を伸ばし慎重に巻き上げると、何とか魚が浮いてきました。その姿を見てビックリ!50㎝近い丸々と太ったクロです!後ちょっとで獲れる!と焦りが出てしまったのか、次の瞬間プツッと言う感触と共に竿が空を切りクロはゆらゆらと海の奥深くへ帰って行きました…。最後の最後に瀬ズレでのバラシ!「くっそ〜、今のはデカかった…」。貴重な良型をバラシてしばらく呆然としましたが、まだチャンスはあると自分に言い聞かせ、気持ちを入れ替えて狙い続けます。

その後もポツポツとアタリがありますが、サイズは30〜35㎝といったところ。しかしクロの活性は良いみたいで、2〜3ピロぐらいのタナでラインを引っ手繰っていくようなアタリもあり、楽しませてくれます。だが、さっきバラシたようなデカいクロを釣って帰りたいと、更なる良型を求めて仕掛けを打ち返します。すると20m程沖に潮目ができ始めました。その潮目にマキエを数ハイ打ち、少し時間を置いて仕掛けを投入。少し深い所で同調するイメージで流すと、アタリが出てさっきと同じような強い引きに襲われました。竿が胴まで曲がり込みます!竿の粘りを信じ耐えていると、ジワリジワリと浮き上がって来ました。これも良型グロで、何度も磯際へ突っ込もうとしますが、何とか突っ込みを避わしタモに入れた瞬間、思わずガッツポーズ!丸々と太った45㎝の口太でした。

これがこの日最大のクロで、その後も納竿時間までクロが飽きない程度に釣れ続けました。久しぶりに数釣りを楽しむ事ができ、自分自身この日が誕生日であり、海からのサプライズプレゼントにとても満足の行く釣行となりました。米水津の海よ、ありがとう!

釣研FG東九州支部/GFG大分県支部/利光健一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード