TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣っちゃ王 シマアジ有望…

2018年 1月 21日 14時頃

1月21日、中潮。年末年始で一気に水温が下がった豊後水道。もちろんここ蒲江森崎沖に浮かぶ海上釣堀「釣っちゃ王」周辺の海も例にもれず水温が低下し、15度前後まで下がっていた。ところが、黒潮の大蛇行により豊後水道に暖水波及が入った。特に蒲江周辺はこの暖水波及による上り潮が入ると水温がグッと上がる。逆に暖水波及が弱まると、瀬戸内海の潮が一気に豊後水道へと流れ込み、水温もガクリと下がる。蒲江の冬は、この上り潮、下り潮の影響を考慮しないと難しいのだ。

この日は、好天にめぐまれたが、風の影響で波も高め、潮も流れるコンディションとなった。その影響か、朝まずめはぼつぼつとしたアタリとなった。波の影響でアタリがわかりづらくなったりと、全体的にはやや渋い釣果となったが、それでもシマアジを筆頭に数釣りを楽しんだお客さんもいたようだ。

この日効果的だったツケエは、マダイやシマアジの場合ダンゴやエビ、青物やヒラメの場合、活きエサなどで釣果が上がっていた。風の強い日は、棒ウキにアタリが現れにくくなるため、サルカンの上のオモリを追加し、棒ウキ全体を沈めるイメージにすること。特に風が強い日は棒ウキを沈めることで、風の影響を受けづらく仕掛け全体が安定し、結果としてアタリも出やすくなる傾向がある。

また、潮が速いとイケスの網がまくれ上がり、通常は根掛かりしない場所でも根掛かりが多発することもある。潮が速い日は1mほど上のタナを狙うように、ウキ止めを調整したい。そして、なぜかマダイやシマアジは黄色系のツケエに反応する日があることは、頭の片隅に入れておきたいポイント。冬は水温低下の影響で魚の動き自体が鈍くなってくるので、できるだけ魚や自然に合わせていくことで、微アタリを攻略していこう。

これから寒さも厳しくなるシーズン。防寒対策万全で海上釣堀を楽しみたい。海の上はもろに風が吹き、体感温度も下がる。風を通さないウィンドブレーカーは必須。2〜3月にかけてはイベントが目白押しとなる同釣り堀。特に初心者の方でも楽しめる釣り場だけに、厳重な防寒対策をして出かけよう!

釣っちゃ王のイベント予定

■シマアジデー開催

2月22 日(木)〜 24 日(土)にシマアジデーを開催! この三日間はシマアジのみの放流です。

■3月4日ひなまつり(女性5,000 円)の日

毎年3 月に開催する「ひなまつりfeat 釣りガール」企画。今年は3月4日(日)に開催予定!この日は女性は、5,000 円/ 人で釣りを楽しむことができ、豪華景品がもらえる巨大くじなども…。女性限定というのも楽しいポイントの一つ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード