TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

深島でジギング&エギング

2018年 1月 15日 13時頃

1月15日、大潮。最近仕事が忙しく、やっと今年1回目の釣行へ。どこへ行こうかすごく迷った結果、深島の磯に決定。ターゲットは青物をメインに根魚、モイカ。瀬渡しでお世話になったのは蒲江の「三幸丸」さん。ルアーでの実績ポイントへ降ろしてもらう。まずはエギング。私はエギングタックルを持ってきてなかったので、ビール片手にタモ係(笑)。潮がかなり速いし、水深があるため3・5号ディープをキャストしていく。軽くシャクってテンションフォールを繰り返していく。私がよそ見をした時に、急に友人がフッキング。ドラグもちょっと出てる。が、浮いてきたイカは思ってたより小さく500g程。でもまぁ、お土産もできたし、何よりボウズじゃなくなったので一安心だ。その後、350g、500gを追加してエギングは終了。

少しずつ明るくなってきたので、ここからはジギング。やっと釣りができる(笑)。潮がかなり速そうだったので、60gのジグでボトムが取れるか試してみる。思ったより時間はかかるが、取れなくは無いので、60gをメインにキャスト。3投目、中層あたりまでシャクり上げてきた時に、いきなり食ってきた。しかも結構デカそうだ。地形も全然分からないので、とにかくゴリ巻き。これがいけなかったのか、痛恨のフックアウト…。

気を取直して、再度キャスト。同じように誘っていくと、また食ってきた。次こそはとフッキングをするが、食いが浅かったのか、これもフックアウト…。この後は一切アタリもなく、青物はノーフィッシュに終わった。今回、一番反応が良かったのが、ジギングの合間にしていたロックフィッシュだった。ジグヘッド(21〜35g)のテンションフォールですごく反応が良く、ヒットを連発した。キャッチできたのは良型のカサゴのみだったが、ファイト中、根に入られた魚が多々いたので、次回はしっかりと準備をして臨みたいと思う。

HN/ういち・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード