TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

メバリングを存分に楽しもう!

2017年 12月 2日 15時頃

12月2日、大潮。今年も残すところ後少しですね。私の「Z的な釣り日記」も、この号が今年最後の掲載です。最後を締めくくるには、地元でしょう。って事で、先月号に引き続き、ホームの国東半島に行ってきました。狙いは、最盛期であるメバルです。果たして釣れるのでしょうか。仕事が終わって、釣りの準備して出発です。先月号では、香々地方面から国東方面にランガンしました。今月は、杵築方面から国東方面へランガンです。

①港内のカケアガリポイント…常夜灯が良い感じに効いてるポイントです。パチャ、パチャっと少しライズしてます。期待大です。早速、準備してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッ! しかし、フッキングしません。何だかワームのテールを噛まれただけのような気がします。焦らず再度キャストしてみます。すると、再びプルッと来たところを、今度は上手くアワセてヒットです。引きも良い感じです。しかし、メバル独特の下に下にと言った感じではありません。すると、ジャンプして銀色の魚体が見えました。そう、釣れたのは我が宿敵のセイゴでした。その後も1投毎にセイゴがヒットです。この時期は、セイゴも活性が高いんですよね。でも、セイゴが沢山釣れるポイントは、メバルが釣れないんですよね。セイゴがメバルを食べているのかな? って事でランガンです。

②外海側の潮通しの良いポイント…潮通しの良いポイントなので、数もサイズも狙えます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっと第1投目から反応ありです。メバルのアワセは、クン、クン、グーのグーでアワセた方が良いような気がします。上手く表現できませんが、アジングの時みたいにバイトがあってすぐにアワセるより、完全に食ってからアワセる方が良い気がします。クン、クンでメバルがワームのテールを噛んでるイメージです。そして、グーで完全にくわえて反転して泳いでるイメージです。このクン、クン、グーがパターンにハマったみたいで1投毎にヒットです。中には、この時期にしては良型のサイズがヒットです。ある程度数が釣れたところで、更なるサイズを求めてランガンです。

③タケノコの里…タケノコメバルがめちゃくちゃ釣れる実績ポイントです。普通のメバルは、表層、中層で釣れます。タケノコメバルは、ボトム付近で釣れます。なので、キャストしたらボトム付近まで一気に沈めます。その後は、普通のメバリングのようにデットスローリトリーブです。しかし、この日はタケノコは釣れず、普通のメバルしか釣れませんでした。なので、ランガン。

④教科書に出てきそうなポイント…常夜灯あり、テトラあり、沈み藻あり、潮通し良しとメバリングの教科書に出てきそうなポイントです。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッでスカッ。スカッが何度か続いて、やっと釣れたのはゼンゴです。ゼンゴ、まだ居るんだ。そうなるとゼンゴ狙いに切り替えです。ワームをメバリング用からアジング用に付け替えます。アクションも横のリトリーブからフォール重視の縦の釣りに変更します。タックルもメバリング用からアジング用に変えたほうが良いんでしょうが、メバリング用でアジングです。キャスト→ボトム着底→トゥィッチで軽く跳ね上げ→フォールでプルッでヒット! 先程のメバリングと違い、反応があるとすぐにアワセます。この縦の釣りがパターン化したみたいで良い感じに釣れます。ある程度数釣れたところで、寒さで手が痛くなってきたので、ここで納竿です。

メバル、ゼンゴ共に数釣れたので楽しかったです。サイズも国東半島にしては良かったと思います。年内いっぱいは、釣れそうな気がします。今年ももう少しありますので、また機会があれば国東半島に行ってみようと思います。釣り納めにメバリング。皆さんも如何でしょうか。それでは、少し早いですが良いお年を!

今回の釣り場…国東半島/今回の釣果ゼンゴ、メバル、セイゴ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード