TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 長崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

五島列島・池永教室実釣遠征企画

2017年 11月 11日 0時頃

昼間の秋風は心地良くも、だんだんと冬の足音が聞こえてくる季節。11月11、12日、3年ぶりに五島・相島の磯へ池永教室実釣遠征を企画!集まった参加者は、過去最高の総勢20名! 昨年、大分の磯は、近年にない厳しい釣りとなり、みんなクロを釣りたいストレスから、池永教室で五島遠征話が急浮上し、一気に盛り上がりをみせた(池永教室=親切丁寧なイヴ春日店さん第2金曜日19時より開催。超初心者も大歓迎!)。

出発前、トラックに皆で荷物と大量の沖アミ、集魚剤を個人別に仕分け、すごい量の荷物を積め込んだ後、佐世保に向け出発し、午前2時に到着。そして、久しぶりに各地から集まった仲間・船長さんと笑顔の再会で賑わいムードの中、池永先生を囲み団結式。荷物を積め込んだ後、船長さんの指示により波の影響で午前4時30分に佐世保を出港。外海に出ると、私は毛布に包まり横になってた体が少し浮いて寝付けずのまま。

でも6時30分、無事に相島へ到着。船内で着替後、船外に出ると、潮風と綺麗な朝焼けに染まった相島一帯の磯が目の前に広がる!「やっときたぁ〜! 風波も少なくラッキー!本命の磯群にも上がれそう!」。 まずは一安心とワクワクしながら一級磯「平瀬」を皮切りに各磯に上磯。最後に私と田崎さんと宮脇君で「相島2番」の磯へ。そこはなんと…、白波と暴風と飛沫の中での釣り…。これも練習と思い、久しぶりに五島の海に竿を振る。そこでイサキとクロがヒット!

お昼は、 青空が広がる中「平瀬」に全員集合し、弁当タイムと記念撮影!あちこちで笑い声が聞こえてくる。そして、いよいよ池永先生の釣りを間近で見れる実釣スタート!19名が集中して見ている中、風と潮が逆の条件の中で、巧みなラインの送り出しの技を披露。そして全投ヒットへ持ち込む度に「おぉ〜」っと歓声と拍手。私もその技は初めて見る! 自分ではタブーな認識が、実際はこうしていいんだって気付き力アップ!宿でもさらに詳しく解説して頂き、すごく勉強になった。これは実際に自分の目で見ると見ないとでは全く違うし、貴重な引出しが1つ増えて感謝。

お昼からは朝とは違う磯に全員を磯に降ろした後、1人で少し奥まった6番磯へ。愛竿「アテンダーⅡ/1号/50」、道糸とウキ遊動部のハリスが1・5号、ハリス2号を2ヒロをセッティングし、後半戦14 時から17時までみっちり竿を振る!すると1投目から、ラインが飛ぶ飛ぶ! 休む暇なく30〜40㎝のクロが釣れ続け、各磯もみんな竿を曲げまくりタモ入れのシーン。

そして夕焼け空の中、宿でみんなと過ごす時間も楽しみだな〜っと思い、ラストの1投、仕掛けが馴染んでゆっくり沈み出すと、一気に20m、海面をスパッとラインが一直線に切っていく! 指で押さたラインもバチッバチッ〜と弾け飛ぶ! 期待通りの重量感! しっかりと基本通り、竿を曲げ込み寄せにかかり磯際の強烈な反撃も、丁寧に優しく誘導し無事にタモへ!45㎝のオナガで締めくくりという最高なひと時〜! 五島の魚は大分と比べて良く引くので竿曲げ楽しめますよ〜!

全員を回収後、近くの渡船港に着き、宿まで車で送迎・到着後、「帰ってきたぁ〜、懐かしい〜」と声が上がる! 随時、お風呂に入り、豪華な料理を囲んでの懇親会スタート! 初参加者の感想、釣りのアドバイス、お笑い話で、笑顔が絶える事なくすごい盛り上がり。そんな笑顔を見ながら、この場所に来れるのも、皆さんと出会え楽しい時間をもてるのも、池永さんの人脈と長年続けておられる教室のおかげと感謝。私も初日の大役が無事に終わり、心地良い寝不足と疲れと安堵の中で久しぶりの美酒に酔い、布団の中へ。

翌日は、5 時起床。着替後、朝食名物伊勢えびの味噌汁と卵掛けご飯を頂いて、名残惜しくも潮騒さんの宿を後にし、6時に出船し12時まで各磯で最終日の釣りを堪能。2日間とも晴天に恵まれ人間の手が入らず、何千年も変わらない風景の中で、竿が振れる磯釣り文化。素晴らしい文化であり、この先いつまでも自然と同様に大切にして続いてほしいと願って、また皆でくるからね〜っと誓い、相島に手を振って後にした。

潮騒渡船…13名揃えば五島〜佐世保間の送迎・渡船代2日分・宿泊2食付、価格216000円(税込)。乗場:佐世保IC下りて10分(まずはプランが決まったら少人数でも。一度、お気軽にお電話を(0959・42・8750)。なお、今回の釣行写真、潮騒さんホームページ内、潮騒散歩でも掲載中。

後記 今年は、北部九州豪雨・台風18号で、残念な事に福岡県・大分県で大きな被害を受けてしまい、私も各地を時間の許す限り、延数28日間・1042名の皆様と苦しい猛暑の中、共に汗を流し、ボランティア活動に参加。品揃え豊富なポイント高城店さんで、購入したてのがまかつの黒ズボンを着て、キャップをかぶっていつも参加してると、その姿を見て各地で多くの釣人の方から声をかけて頂き、「釣り」という共通点で仲間意識が増し、さらに素晴らしいチームワークで作業が進められた日々、多くの出逢い・言葉に心から感謝します。今回の災害で尊い命を亡くした方々のご冥福を祈り、また残されたご家族、被災者の皆様の大切な故郷が1日でも早く戻ってきます様に、前向きに幸せな生活ができます様に、心からクラブ・参加者一同、願っております。

ZEROSEA会長/阿南明彦・記
後記 今年は、北部九州豪雨・台風18号で、残念な事に福岡県・大分県で大きな被害を受けてしまい、私も各地を時間の許す限り、延数28日間・1042名の皆様と苦しい猛暑の中、共に汗を流し、ボランティア活動に参加。品揃え豊富なポイント高城店さんで、購入したてのがまかつの黒ズボンを着て、キャップをかぶっていつも参加してると、その姿を見て各地で多くの釣人の方から声をかけて頂き、「釣り」という共通点で仲間意識が増し、さらに素晴らしいチームワークで作業が進められた日々、多くの出逢い・言葉に心から感謝します。今回の災害で尊い命を亡くした方々のご冥福を祈り、また残されたご家族、被災者の皆様の大切な故郷が1日でも早く戻ってきます様に、前向きに幸せな生活ができます様に、心からクラブ・参加者一同、願っております。

ZEROSEA会長/阿南明彦・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード