TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

「大分沖のルアーフィッシング」幅広い種類の魚種を狙うみなさん

2017年 11月 3日 14時頃

初めまして。宮崎県延岡市で主にルアーフィッシングを中心に釣りをしている甲斐大介と申します。今回つり太郎さんと御縁があり、ルアーだけでなくジャンルにとらわれない面白い釣りをした際は投稿したいと思いますので、これから宜しくお願い致します。

さて、今回の釣行は大分県漁協神崎(支)前の港より出船している大塚船長操る「浩敬丸」にて、11月3日の大潮の日にブリのキャスティングをメインに状況に応じてジギング、潮が緩くなる時間帯はインチクやタイラバを使い、ターゲットになるお魚の種類まで幅広く狙っちゃおう!…的な感じでワガママ釣行する予定でしたが、出船する前に大塚船長がポイントに迷ってる様子。事情を聞くと、週末の度に来ていた台風の影響が出てるとの事。ここまで来てまだ僕達釣り人を苦しませるかっ! 台風21号ラン、台風22号サオラー! そこで乗船されるみんなで大塚船長提案の南に走るか北に走るかを話し合った結果、行った事のない北のポイントへ向かう事に決定。

プランとしてはポイントに向かうまで途中に出会ったナブラでキャスティング。最初のポイントではカンパチを狙ってジギング。その後は潮の流れでゲームを成り立てて行く感じです。いざ出船してみるとヤズサイズのナブラがあるにはあるのだが、泡風呂の様なナブラではなくプチプチともじる小さなナブラ。それでも同船された方が大塚船長の指示どおり付けていた30 g前後のジグをキャストし、ヒットに持ち込みました!ランディングされたサイズはやはり1㎏程のヤズ。ナブラの沈みも速く、カモメ達もプカプカ浮いて休んでる…。ナブラ祭りは終わりましたよ…的な…。早々に見切りを付けカンパチポイントへ移動。

ここでは今回の釣行に誘ってくれたナオくんが、シルエットの小さな100〜150gのジグをハイピッチショートジャークで連続ヒットに持ち込みます。…流石! しかし僕も眺めているだけではなく、ラインがクロスしない程度に離れたポジョンでジグを投下。釣れたカンパチに付いて来ているであろう別のカンパチを釣ります。その名も﹁漁夫の利作戦﹂を決行! 見事に作戦的中で、僕もカンパチをヒットさせダブルヒット&ダブルランディング成功となりました。

ひとしきりカンパチを釣りまくった後は、潮も緩くなりポイント移動。魚礁周りでのジギングを再開。水深は50m前後の身体に優しいジギング。ルアーは200g前後のシルバーカラーのジグをチョイス。大塚船長の的確な指示ダナを聞き、思い思いの誘いで魚を狙います。スローなジャークで狙いますが、反応はありません。時折シャクるジグが軽くなったりする違和感を感じるので魚は居るようです。

ここで乗船された方達のジグや魚を誘うジャークの仕方を確認。スロージグのフォーリングを意識して攻める人。適度なジャークスピードでダートさせて誘ってる人。ショートジャークで誘う人。反応はありません…。イメージを膨らませ、誰もしていない誘い、沈むジグに付いて来た魚を底から一気にハイピッチショートジャークでジグを躍らせながら、一気に巻き上げてくる「ジャカジャカ巻き」でリアクションバイトを誘うと…、即ヒット! ヤズサイズだろうと思っていましたが、中々トルクフルな引きで上がって来たのは4㎏程のハマチでした! 今回のヒットパターンはこれだ! と思い、ジャカジャカ巻きに切り替えると連続ヒット! 乗船されてる方達もジャカジャカ巻きに切り替えて、次々とヒットさせています。

ここでまたイメージを働かせます。周りでジグに反応してる魚にデカい魚もつられて活性が上がる。皆んながジャカジャカ巻きしてる時にまた逆にスロージャークで狙うとサイズアップするかも…。狙い的中! ヒット、ファイト、ランディングに成功して上がって来た魚は、5・6㎏の良型ハマチ! 宮崎なら間違いなくこのサイズはブリって言われるんだけど、大分ではハマチサイズ。船上ではハマチサイズだと謙遜しますが、宮崎に帰ったらブリだ! と言い張ります(笑)!

この後は色んなポイントを巡り、夕まずめにカンパチポイントで朝よりサイズアップしたカンパチを大量追加して帰港しました。今回の釣行で感じた事は、やはり凝り固まった考えで偏ったタックルや釣法だけでは釣果は出せないと感じました。もちろん、釣れただけではなく釣れない事もスゴく勉強になり、同じタックルや釣法を信じて使いこんでいくのも今後の釣りにも活かせますが、1つのタックルや釣法だけでなく色んなタックルや釣法を試してみる事が、自分のこれからの釣行に活かせる事が多いと思いました。引き出しを増やすためにも、これからも色んな事を試して行きたいと思う釣行になりました。これから晩秋より冬に向けてブリの良型や数釣りが楽しめる季節になって行きます。皆さんも大物の季節に思いを馳せ、釣行を計画してみてはいかがでしょう。釣行に誘ってくれたナオくん、同船された皆さん、大塚船長、今回も癒し&楽しい釣りをありがとうございました! また大物が潜む大分の海へ…。

甲斐大介・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード