TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

波止から50cmグロ来たーーーー!

2017年 10月 28日 16時頃

10月28日、小潮。段々と寒くなり、クロの便りがポツリポツリと聞こえてきたこの日、鶴見湾内の波止にクロ釣りの練習に行ってきました。今回の同行者は会社の先輩で、釣りでもお世話になっている植木さんとの久しぶりの釣行です。この日は参加予定だった大会が荒天で延期したため、釣りができそうな場所を探しながらの釣行となりました。風裏になる所を何か所か巡り、ようやく釣りができそうな波止を見つけたので、早速準備に掛かります。

今回のマキエは、沖アミ生4角に、愛用しているマルキューの新商品である「グレパワーV11」、「グレパワーV9」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」に、パン粉2㎏の配合。雨に濡れててもいいように、少し水分を少なめにして丁寧に仕上げました。仕掛けは竿が「がま磯インテッサG5/1号/50」に、道糸は釣研「フリクションZ/1・5号」、ハリスも同社「ウルトラフレキシブル/1・5号」にして、軽量のグレバリ4号をセット。2ヒロ前後のタナを意識し、強風対策で少し長めの8mのハリスに釣研「エイジアマスターピース/01」を通して開始します。まずは、エサ盗りの状況を調べるため、竿2本ほど先に仕掛けを入れてみます。仕掛けが馴染んだ頃にいきなりアタリです! 上がって来たのは、1投目からゼンゴです。その後は左右、遠近どこを狙ってもゼンゴだらけで、お土産用に10匹ほどキープしようと思いましたが、狙おうとすると食い渋るという結果に…。タナは2・5ヒロと少し深めです。この状況を見た植木さんは、波止の内側へと狙いを変更します。その1投目、波止の際に入れていた仕掛けにわずかなアタリが出ます。上がって来たのは、なんと30cmクラスのクロ! さらにキーパーあるなしのサイズを追加していました。流石です。私も内側に変わろうかなと思っていると、足元に今まで居なかったコッパグロやスズメダイ、金魚などが見え始めました。これはチャンスと狙いますが、沖はゼンゴ、足元はスズメダイと、中々本命が食ってきません。そこで、ゼンゴとスズメダイの中間の距離を狙うと、ようやくコッパグロがぽつぽつと釣れるようになりました。同じ方法で、エサ盗りの境目を我慢強く狙っていると、少し強いアタリです! 上がって来たのは30cmクラスのクロでした!

しかし、この頃から雨風が強くなり、隣で釣っていた植木さんもたまらず風が当たり難い波止の先端側に移動します。私はキープしたゼンゴを絞めるため少し休憩していると、なんと植木さんがキーパーサイズのクロを釣り上げています! 植木さんの釣りを見学しに先端側に行ってみると、こちらは足元のスズメダイや金魚に交じって、少し型の良いクロが見えます。そこで私も先端側に移動し、植木さんの横に入れてもらい、釣りを再開させます。

足元にクロは見えるものの、少し沖に仕掛けを投入すると、ツケエが残って返ってきます。どうやらこちらはゼンゴも居ないようです。そこで、先ほどと同じエサ盗りゾーンとツケエを盗られない境目を狙うように作戦変更します。その3投目、わずかにからまん棒が加速したため、すかさずアワセ! すると、今までに無いかなり強い手応え! 何度も糸を引きずり出され、時間を掛けながらも何とかタモに収まったのは、なんと50cmジャストの良型グロです! この時期に波止でこのサイズが釣れるのかという驚きと同時に、非常に嬉しい1枚に大満足です。

その後は、更なる追加を目指し2人で粘りましたが、雨風がより強くなってきたため、納竿することにしました。今回は、まだまだ水温がくエサ盗りも多かったのですが、大分の波止のポテンシャルの高さに驚かされた釣行となりました。今年はすでに各地でポツリポツリとクロの便りが聞こえるようになってきたので、今シーズンは期待できるかもしれません! 是非皆さんも釣行に出かけてみてはいかがでしょうか!

T・CLUB/藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード