TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

第2回TEAM鬼掛大分支部大会in津久見島(クロダイ)

2010年 4月 25日 13時頃

この日、2010年第2回目となる、「TEAM鬼掛」の大分支部大会が臼杵市津久見島を舞台に行われた。対象魚種は25㎝以上のチヌ3枚の総重量で検量され、大会ポイントが加算される(全3大会の合計ポイント上位者が九州大会に進出)。九州大会出場をかけての重要な日となった。週始めの雨はすっかり止み、快晴となったものの気温は低く、選手にも魚にも影響されると予想。

本紙記者は、津久見島のキャンプ場跡の横にある防波堤(写真右上)に宮尾さん、渡辺さんと上礁。足場が良いこの防波堤では、仕掛けの準備は非常にしやすい。イチ早く仕掛けの準備を終えた渡辺さんが早速第一投。それを見てゆっくりと宮尾さんも投入。両者、竿2〜3本先の藻の際を狙って仕掛けを流す。朝まずめは当て潮で潮が速く、ウキがすぐに手前に寄って来る。

釣り開始からわずか2投目。渡辺さんの竿がキューンと曲がり、竿先を叩く。藻の中から銀色の魚。いきなりの本命は30㎝級。最先良いスタートで、とりあえず一安心の渡辺さん。「Bのウキを半遊動にし、竿1本強(7m)のタナで食って来ました。アタリがイマイチ明確に取れなかったです。ハリに鬼掛の『底攻めチヌ/1号』を使って底付近を狙っているんですが、手前の藻が曲者ですね。あそこに潜られると厳しいです」とのこと。ふと、隣の宮尾さんも竿を曲げている。こっちは30㎝級の中アジだ。外道ながら嬉しいお土産確保。この中アジは、日中でも両者共にポツポツと上がっていた。

防波堤の先端部では向かい風が強かった明け方も、日が昇ると風が収まり、気温が徐々に上昇。それにつれてエサ盗りも増え、ベラ・クサフグが両者を悩ます。藻の切れ目のカケアガリが、チヌのポイントで間違いないのだが、アタリがあってもそこに潜られハリスが絡まり釣り難い状況。

昼過ぎまで本命のアタリが遠退いていた時、渡辺さんがこの日2枚目のチヌをゲット。最初より型も大きく40㎝級。その間、ウキを0号や3B、タナを1本〜2本といろいろと試していたが、この時は5Bのウキを使って一気に底までツケエを落とし、藻が生えている境界線を狙っていた。タナはやはり7m。ウキがじわっと沈む前アタリをじっと待ち、一気に消し込んだ瞬間にアワセを入れる。竿に乗った後、藻に潜られ一時リールが巻けなくなるが、何とか藻から引き出してタモ入れ。タモに入ったチヌは藻だらけだった。「この前に1・2号のハリスで同じようなアタリがあったんです。その時も乗ったんですが、同じように藻に潜られて切られてしまったので、1・5号に替えたんです」と貴重な2枚目を獲得。できればこの後、規定の3枚目を釣り上げたいところであったが、午後3時の回収まで本命のアタリはなく、そのまま終了。

臼杵港に戻ると、船から降ろされた検量バッカンは25名中17名と7割近い。前情報では、厳しい状況になると予想されていたので嬉しい誤算。検量の結果、優勝から3位まで規定の3枚を確保しており、10位内全て40㎝以上の良型を釣った大会であった(上表参照)。

今大会2位に入賞した黒木さんは、津久見島の「カド」に上礁。6枚のチヌを釣り上げた。「とにかく藻が多かったです。その先まで少し遠投気味に仕掛けを投入し、00号のウキと鬼掛『層探りチヌ/3号』使用して沈め釣り(全遊動)をしました。朝7時半から9時過ぎまでにアタリが集中しましたね」と、藻の対策が今回津久見島での釣行のポイントとなった。更に「これでポイントが加算されたので、次回の3回大会で上位に入賞して、ぜひ九州大会に出場したいです」と、早くも次回の大会の意気込む黒木さん。

次回の大会は6月に「屋形島」(対象魚はクロ)を予定。これで九州大会出場者が決定します。選手の皆さん、ぜひ次回の大会もがんばって下さい。朝早くからお疲れ様でした。

取材協力/有漁丸 090-4771-9814

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード