TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

サンライン磯スペシャル・グレ道 実釣レポート

2017年 9月 23日 0時頃

9月23日、中潮。9月も下旬に差し掛かり、随分と過ごしやすくなり、秋の訪れを感じるようになってきました。いよいよ秋磯シーズン到来です。秋磯といっても、まだ海水温は高く、高水温期の好敵手であるオナガもまだ狙えます。そこで、羽出港より出港の渡船「春日丸(℡090・1161・0722)」にて、オナガのアタリが有望な鶴見半島先端部の「鉄砲のハナレ」にて竿を出しました。

仕掛けは別図の通りですが、道糸は今秋にサンラインより発売予定の「磯スペシャルグレ道/1・75号」を使用しました。この道糸は、鮮やかなブルーとピンクの2色を等間隔かつ、25cmの短ピッチで配色したことにより、道糸の僅かな動きの変化も認識することができ、ナーバスなクロのわずかなアタリを捉えることが可能となります。また、究極の粘り特性により、クロの強力な突っ込みにも耐えることができ、魚に主導権を与えることのないヤリトリが可能です。今日はこのラインを使用して、鶴見半島のオナガに挑みたいと思います。

本日のマキエは、沖アミ生3角とマルキユーの「グレの道」、「超遠投グレ」を各1袋混ぜたものと、ツケエは沖アミ生を用意し、午前6時ごろから釣りを開始。潮はまだ上げ潮が残っており、「長ウド」方向にゆっくりと流れています。期待の朝まずめですが、魚の気配は薄く、少しずつ狙うタナを深くしていき、タナを竿1本強まで深くして中間距離を探っていたところで、本日最初のアタリがあり、力強い引きに期待しましたが、45cm程の青物でした。

ゆっくりと動く上げ潮のヨレた潮筋を重点的に探っていき、ウキが逆光で視認できなくなったところで、道糸の動きに集中していると、「磯スペシャルグレ道」のブルーとピンクのマーキングの動きに変化が現れ、アワセを入れると竿に乗ってきました。なかなか良い引きで応えてくれ、竿の弾力と、「グレ道」の粘り特性で少しずつ間合いを詰めていき、タモへ納まった魚は、綺麗な魚体をした40cmのオナガでした。久しぶりに型の良いクロの引きを堪能することができました。

その後も、満潮の潮止まりまで、30〜35cmのオナガや、お土産に最適なイサキを追加したところで小休止。下げ潮に変わってから、少し魚の活性が下がったように感じられ、「サズリ」方向へ緩やかに流れる潮に、磯際付近で仕掛けを流し込んでいると、水面直下を漂うウキが勢いよく海中に吸い込まれていくアタリが出ました。慌ててアワセるも、魚はグングンと突っ込み、逃げの体制に入っていましたが、粘りのある「磯スペシャルグレ道」が魚の強烈な突っ込みを吸収し、魚の頭をこちら側に向けることに成功。そして、元気を取り戻す魚の引きに対して、糸を出したり巻いたりのヤリトリを繰り返し、ようやく水面下に魚影を確認。きれいなピンク色をした55cmのマダイでした。マダイの最初の強烈な走りに対しても、余裕の粘りを見た「磯スペシャルグレ道」。今秋からは頼もしいこの「磯スペシャルグレ道」で、是非とも秋磯を堪能して頂きたいと思います。

下げ潮では、台風の影響による流木で釣りにならない時間帯もありましたが、納竿の15時までに、30cmオーバーのオナガや、35cm級の口太を数枚追加し、二ケタ安打でクロの釣果を得ることができ、秋磯を楽しむことができました。今後、海水温の低下とともに、クロの活性も上向くものと思われます。爽やかな磯風を感じながら、秋グロ釣りを楽しみましょう。

サンライン・ステータス・クラブ/田野貴幸・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード