TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

Z的な釣り日記 アジング釣行

2017年 9月 9日 12時頃

9月8日、中潮。昼間はまだ暑いですが、朝晩は涼しくなりましたね。もう、初秋と言っても良いでしょう。と言うことで、今回は初秋のターゲットを狙いたいと思います。私の住んでる国東半島は、周年アジが釣れる地域ではありません。だいたい、春と秋にアジが釣れるだけです。そんな旬のアジ、いえゼンゴを狙いたいと思います。タックルは、左図を参照してください。まあ、普通のアジングタックルです。今回使用したジグヘッドは、オーナーばり「メバル弾丸/0・4g/#10とオーナーバリ「豆アジ弾丸/0・4g/#12」です。ゼンゴは、軽いジグヘッドが良い気がします。メバル弾丸、豆アジ弾丸共に細ジグで刺さりが抜群で、私的にはお気に入りなジグヘッドです。

逆に重いジグヘッドで早く沈めた方が良い場合もあります。その状況に合わせて選びます。0・2〜1・0g位あれば良いでしょう。今回は、0・4gが反応良かったです。ワームは、マルキュー「パワーイソメ・中/桜イソメ(夜光)」を使用しました。これがゼンゴに効くんですよね!ブルーベリーの香りがゼンゴを誘ってるのかもです(笑)。これを左図のように3分の1にカットしてジグヘッドにセットします。カットするのが面倒くさいという方は、パワーミニイソメってのもあります。ポイントは、これもアジングの定番である常夜灯まわりです。

①香々地方面(潮通しの悪い湾奥の漁港)それでは、早速キャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→トゥィッチ→ リトリーブでプルッっと小刻み良い反応が! アワセを入れると、ゆるゆるドラグをジージーと鳴らしながら釣れたのは、本命のゼンゴです。小さいけど釣れると楽しいです。2 匹目を狙って、すかさずキャストしてみます。すると、すぐに反応があり、アワセを入れるとスカッ。う〜ん、気を取り直してキャストするとまたすぐに反応があり、アワセを入れます。今度はアワセが決まり、リールを巻いていると途中でバラシ…。次こそはとキャストしてみると、三度反応がありアワセ。しかし、最後の最後で抜き上げる瞬間にポチャッとオートリリース…。ゼンゴは、反応が良いけど口が小さく柔らかいし、吸い込みも弱いからバラシが頻発するんですよね。まあ、ただ単に私が下手ってのもあるんですがね。その後は、釣れたりバラシたりの繰り返しです。ある程度釣れたところで反応が悪くなったのでランガンです。

②(潮通しの良い湾内の漁港)先程よりは、少し流れのある漁港です。キャスト→着水→任意カウントダウン→潮に乗せてドリフト→トゥィッチ→ドリフトで反応ありです。アワセを上手く決めて変わらないサイズのゼンゴゲットです。何匹か釣って漁港内を歩いて船着き場へ移動です。

③(船着き場)キャスト→ 着水→ 任意カウントダウン→トゥイッチ→テンションフォールで反応ありです。いわゆる縦の釣りってやつですね。ここでも変わらないサイズのゼンゴゲットです。夜も更けてきたので納竿としました。感想としては、横の釣りも縦の釣りもどちらにも反応ありでした。ポイントも湾内、湾奥、潮通しなど関係なくどこでも釣れました。
釣り場…国東半島(香々地方面)
本日の釣果…ゼンゴ26匹(12〜13㎝)


9月9日、中潮。本日も昨晩に引き続きゼンゴ調査です。さあ、張り切ってレッツゴーです。

①国東方面(潮通しの良い漁港)激流といった感じに潮が流れています。もしかしたら、潮にもまれた良型アジがいるかも。そんな期待を胸にキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→ドリフトで反応あり。アワセも決まり、ちょっと良い感じに引いてくれます。で、釣れたのは昨日と変わらないサイズのゼンゴでした。サイズアップせずです(笑)まあ、釣れれば楽しいから良いです。再びキャストしてみます。すると、今度は先程より少し重いです。「おっ、良型?」。しかし、釣り上げてみるとグー、グーっと鳴いています。そう、釣れたのはクサフグでした。クサフグは、ワームやジグヘッドを噛みちぎるから嫌です。気を取り直してキャストしてみまで反応が悪くなったのでランガンです。

②(潮通しの良い湾内の漁港)先程よりは、少し流れのある漁港です。キャスト→着水→任意カウントダウン→潮に乗せてドリフト→トゥィッチ→ドリフトで反応ありです。アワセを上手く決めて変わらないサイズのゼンゴゲットです。何匹か釣って漁港内を歩いて船着き場へ移動です。

③(船着き場)キャスト→ 着水→ 任意カウントダウン→トゥイッチ→テンションフォールで反応ありです。いわゆる縦の釣りってやつですね。ここでも変わらないサイズのゼンゴゲットです。夜も更けてきたので納竿としました。感想としては、横の釣りも縦の釣りもどちらにも反応ありでした。ポイントも湾内、湾奥、潮通しなど関係なくどこでも釣れました。
釣り場…国東半島(香々地方面)
本日の釣果…ゼンゴ26匹(12〜13㎝)すが、フグの5連チャンでです。
ここでランガンします。

②(外海側)高い足場の堤防から外海側に向けてキャストしてみます。プルッっといつもの反応からゼンゴ。外海だからと変わらないサイズです。良い意味で期待を裏切らないゼンゴです。またランガンします。

③(一般的な湾内漁港)ゼンゴ・ゼンゴ・ゼンゴ。2日連続の釣りで疲れたので納竿です。
釣り場…国東半島(国東方面)
本日の釣果…ゼンゴ18匹(12〜13㎝)

香々地方面も国東方面もどこでもゼンゴがいました。多分、国東半島一帯にゼンゴが居るでしょう。軽いリグで小さなゼンゴを釣るのも楽しいです。掛けるの意外に難しいのでゲーム性も十分です。そして、南蛮漬けにして食べるのも美味しいです。秋の夜長にルアーでのゼンゴ釣り如何でしょうか。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード